トランプ相場はどう動くべき?狙い目銘柄と業界選びの着眼点!

トランプ相場

トランプ相場はどう動くべき?狙い目銘柄と業界選びの着眼点!

<目次>

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。相場が動いている時に知りたい無料情報を3つだけ公開しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

最近株式市場や為替相場が「トランプ相場」と言われる状況で大きく動いています。

特に株式市場にクローズアップしてみると、日本国内の平均株価も伸びてきて非常に良い状況として一見捉える事が出来ます。

「トランプ相場って何?いつまで続くの?」

など気になって色々ネットで調べてみても、なんか抽象的な記事ばかりであまり良く分からないと言う方も非常に多いのではないでしょうか。

ではドナルド・トランプ公式サイトには何か掲載されてるかも?と確認してみても、特別な事は殆ど書いていません。

なので当サイトが色々と調査して、トランプ相場とは一体どういう物なのか?そして日本の株式相場にどんな影響を与える物なのかを分かりやすく今回はご紹介致します。

「トランプ相場に乗ってみようかな」と言う方に、実際に投資家達にどんな恩恵が有りそうなのかも詳しくご紹介致します。

トランプ相場と言われる状況になったのは「税率引き下げ」と「金融規制緩和」の影響?

アメリカ金融規制緩和と税率引き下げ

アメリカ次期大統領の制作の目玉と言えば、経済的な面から言うと「税率の引き下げ」と「金融規制緩和」の二つが有ります。

税率の引き下げに関しては、昨今の米国企業は海外進出が多く、法人税を米国内では無く現地国で支払っている背景が有ります。

これは何故かと言うと単純で、「アメリカ国内の法人税率が高いから」と言うのが一番大きな原因です。

現状35%とと言う高い税率を課しているのですが、トランプ氏はこれを15%までに引き下げると公言しています。

こうなると影響が出てくるのが、AMAZONやAppleをはじめとする米国企業に関連してくる銘柄です。米国企業とパートナーシップを結んでいたり密な関係になっている銘柄を選ぶのがとても重要なポイントでしょう。

例えば、Appleと密になっているソフトバンクや、AMAZONの物流会社で有るヤマト運輸等は良い例かも知れません。

その他にも、こういった「これから上がる銘柄」を知れる無料の情報収集元も有るので有効活用してみて下さい。

>>無料の「これから上がる銘柄」を知れる3つのメルマガ情報

ドット=フランク法の廃止による金融規制緩和により市場が伸びる?

ドット=フランク法の廃止

先に上げた税率引き下げに加えて、ドット=フランク法の撤廃をトランプ氏は強調しています。

これは何かと言うと、簡単に言えばリーマンショックの様な事にならない様に、しっかりとした金融の商品の取り扱いを行おうと言うのがドット=フランク法です。

確かに安全な形にはなった物の、それに準拠する為の設備投資がままならない事や、金融商品自体の売りにくさがアメリカの経済成長を止めているとトランプは指摘しているのです。

なので、トランプ相場の要因の一つとして、このドット=フランク法の撤廃が米国企業を成長させると認識した投資家達の影響で米国の株式市場は伸びています。

それに合わせて日本は米国の市場と近しい関係で有る事から、同調して良い動きをしていると考えられます。

トランプ相場が不安定と言われる理由!もうすでに逆張りを行っている投資家も多い

個人投資家

そうは言っても、実はまだまだトランプ氏の行動は予測不可解と言う事も有って、急にこの相場は下落するのでは?と言う評論家も多いです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

実際に、個人の投資家達はすでに逆張りを行っていて、現在の相場の急落を待っている方も少なくないそうです。

確かに過激な発言や物腰が多く、派手なイメージを持つ次期大統領ですから、堅実なイメージとは程遠く「大丈夫かな?」と思う人も多いかも知れませんね。

日本で言えば、ホリエモンこと堀江さんが総理大臣になる様なものでしょうか?筆者個人的には、堀江さんは好きですが一般世論的には「信用ならない」と思う方も多いはずです。

なので、そういう方達の気持ちがいつ相場に現れるかもしれません。

つまり、トランプ氏のちょっとした言動や行動でこの相場は大きく影響を受けてしまうので不安定な相場と見られて当然ですよね。

なので、あまり積極的に勝負に出る様な事は避けられた方が賢明かも知れません。好戦的な方は、いまの高値の内に逆張り等行うと効果的ですね。(おすすめはしません!)

トランプノミクスで実際に影響受ける日本の業界はどこ?本命はエネルギー業界

では実際に、現在のトランプノミクスの影響で今後も伸びそうな日本の銘柄はどこなのでしょうか?

それは以前下記の記事でも申し上げましたが、下記の記事内の理由から基本的には石油やエネルギー関係が本命です。

また、当初の見解からずれて点としては、現在日本の自動車業界は相場と見てわかる様に、トランプノミクスを大きく受けていると言う事です。

けれども、基本的には上記記事の様に、日本の自動車業界に対してあまりトランプ氏は良く思っていませんので、ちょっと当面は不安定な動きをする可能性も有るでしょう。

また、エネルギーに関連して、石油製品で作られている様な日用品メーカー等の銘柄も注目しても良いかも知れませんね。

ここら辺はまだ目を付けていない投資家も多いでしょうから、案外隠れている銘柄が有るかも知れません。

日本の米軍の規模が縮小したらどうなる?その時伸びそうな業界

日本の米軍の規模が縮小

トランプは在日米軍の費用を、日本に負担をさせようと言う発言を行っています。色々双方にメリットが有る部分も有るのでパフォーマンスかも知れませんが、実際にこういう交渉を行って来たらどうなるでしょう?

撤退と言う事はあまり考えられませんが、規模の縮小と言う可能性は充分に考えられます。

そうなった場合、当然日本は軍備を強化せねばいけません。中国との関係が今は結構ピリピリしている状況なのは皆さんもご存じだと思います。

なので、川崎重工やコマツの様な軍事設備も取り扱っているメーカーがこれから伸びてくる可能性も有りますので、要チェックですよ。

トランプ相場について分かったけど、実際の所どの銘柄を見ておけば良いの?

トランプ相場の銘柄

上記に上げた様に、トランプ相場の今後は不安定な部分が有る物の、まだまだ伸びていく事が考えられる相場の状況です。

一般的に、トランプ相場でこれから伸びるのでは?と注目されている銘柄を下記にまとめてみました。

エネルギー関連銘柄
  • IHI
  • 国際石油開発帝石
  • 石油資源開発
  • 三井物産
  • JXホールディングス
金融関係銘柄
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • 第一生命ホールディングス
  • 野村ホールディングス
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友フィナンシャルグループ
軍備関係銘柄
  • 川崎重工業
  • OKI
  • NEC
  • 明和工業
  • 豊和工業
  • 三菱重工業

トランプ相場で「今から上がる銘柄」を仕入れる秘訣

トランプ相場で今から上がる銘柄

こういった様に、トランプ相場で抑えるべきポイントはいくつか存在しています。

けれども、中々こういう急な動きをする様な相場の時には、間違った銘柄をつかむと利益を得るどころか高値で掴んで急降下なんて展開も有ります。

なので、初心者の方はこういう相場の時には手堅い銘柄を狙うか、多くの投資家達が参考にしている信頼できる銘柄情報を参考にすべきです。

現在当サイトでも、一部の投資家しか参考にしていない無料の銘柄情報元を3つだけ公開しています。

くれぐれも高額なセミナーなどに参加して騙されるのではなく、こういった無料で仕入れられる有益な情報を参考にされて下さいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)