投資顧問業の会社とは?それは資産運用のアドバイザーです!

投資顧問業

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株式投資を行っている方なら、「投資顧問」って言葉を聞いた事が有ると思います。

でもこれって何なんだろう?とか、ちょっと怪しいかも・・。そう感じている方もいると思います。

そういった、投資顧問業の会社とは何なのか?今回は詳しくここでご紹介して行きます。

投資顧問業の会社とは何なのか?

株式等の有価証券への投資情報を、一般の投資家の方に情報提供している会社の事を「投資顧問業者」と言われます。

簡単に言うと、投資家の人に対しておすすめの銘柄情報や売り買いの助言をする「アドバイザー」の事です。

昔は怪しい投資顧問が居た為にしっかりした法律が出来ました

日本では大体70年代から登場したんですが、昔は投資顧問に関する規則が定められていなかったせいか、怪しい会社が多く存在していました。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

しかし、80年代に入ってから大きな事件になった「投資ジャーナル事件」がきっかけとなって、投資顧問業法が成立されて今の様な安心出来る形態が出来たんです。

主な改正内容と言うと、一般投資家を悪質な顧問業者から保護するのを目的としていました。

業者と契約をしたら、10日以内なら契約を書面を用いて契約を解除を行う事が出来る、クーリングオフ制度等が主な内容です。

投資一任業者と登録投資顧問業者

基本的に大手の証券会社などは、投資顧問の業者を子会社として抱えています。コンピューター等でデータを収集して、管理や分析を行っているのです。

こういった大手の業者の事を「投資一任業者」と呼ばれて、投資家達の資産を代行して運用を行う事が出来るんです。

けれどもこの投資一任業者はどの会社もなれる訳では有りません。しっかりとした大蔵大臣の認可を受けたり、厳しい審査基準も設けられています。

これに対して、登録投資顧問業者は資産の運用までは代行出来ず、アドバイスのみを行う事が出来る会社の事を言います。こちらも審査基準は若干ゆるい物の、大蔵大臣の認可が必要です。

こういった様に、投資のアドバイスを行ってもらうには、しっかりと登録投資顧問会社以上の認可を受けている所の情報を参考にしましょうね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)