株の執行条件付注文は「サラリーマン投資家」の強い味方です!

執行条件付取引

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株の売り買いにおいて、常に相場に張り付いて売買して行くのって結構至難の業ですよね。

昼間働いていらっしゃる方とかは、中々時間が取れなかったりで急な相場の動きに対応できず損をしてしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな時に有効な取引方法が、「執行条件付注文」です。

株の損失のリスクを抑える事が出来る「執行条件注文」

株式市場では市場が開いた直後の寄り付きや、市場が閉まる前の大引けなどを株価が大きく変動することがあります。

この変動により大きく利益が出せることもありますが、当然大きな損失を受けることもあります。

そのため、この寄り付きや大引けでの取引では慎重に行いたいものですよね。

副業で投資を行っている方には心強い、執行条件付注文

しかし、会社勤めなどをしている方の中には、前日に注文を出しておきたいという方が現実的にはとても多いと思います。

仕事中は忙しく、株価のチェックや注文を出すことができないという方は、前日に注文を出すしかありません。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

この前日の注文を、執行条件などを付けずに注文を出してしまうとリスクが高くなってしまいます。指値で注文を出しても成立しない場合もありますし、成行きだとどんな価格で購入できるか分かりません。

このリスクを軽減させたり、取引を成立しやすくするのが執行条件です。 仕事や家事などで忙しいという方こそ、この執行条件を上手く使い賢い株取引をしてみてはいかがでしょうか。”

基本的な執行条件の種類

寄指(よりさし)・引指(ひけさし)・不成(ふなり)・寄成(よりなり)・引成(ひけなり)などの執行条件があります。

それぞれをまとめてご紹介すると、

寄指…前場や後場などの寄り付けだけの指値注文です。

引指…前引けや大引けだけに執行される指値注文です。

不成…指値注文が不成立の時に引けの時点で成行注文になる注文の出し方です。

寄成…寄り付けだけの成行き注文、引成は引けだけの成行注文となります。

このように、基本的な注文の方法としては成行と指値だけですが、執行条件をつけることにより、様々な場面に合った注文の出し方をすることができます。

サラリーマン投資家の方には、かなりおすすめの売り買い方法です。気になる方は一度御参考にされてみては如何でしょうか。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)