プレミアムフライデーで株価を注目すべき業界4選!良い関連銘柄を見つけるポイント

プレミアムフライデーと株価の関係性

プレミアムフライデーで株価を注目すべき業界4選!良い関連銘柄を見つけるポイント

<目次>

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。相場が動いている時に知りたい無料情報を3つだけ公開しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

プレミアムフライデーはとは?大枠の内容や意味

プレミアムフライデーの意味

2017年の2月24日から始まったのが「プレミアムフライデー」です。

このプレミアムフライデーは、原則として月末の金曜日は午後3時頃までに退社時間をくりあげて、買い物や観光、余暇などの時間を創出しようというものです。

このプレミアムフライデーの狙いは消費喚起にあることは間違いありません。

それでも、給料が上がらない中でのプレミアムフライデー導入でも消費はそれほど上がらないのではという意見もあります。

また、一般職だけ良い目を見るということで、ここでもサービス業は置き去りにされているところがあります。

もっとも、そういったところでサービス業界は生きていかなくてはいけないのがつらいところですね。

プレミアムフライデーで株価に影響が有りそうな業界は「観光&飲食」!

プレミアムフライデーの恩恵が有る業界

このプレミアムフライデーでもっとも得をするのは、観光と飲食業界ではないかと言われています。

多くの人が年に数回は観光旅行をする昨今です。

プレミアムフライデーによって金曜日の出立が早まればそれだけ、観光地やレジャーでの時間の確保ができるということで、大きな消費が期待されているのです。

また、2月の例を出すと当然ながらサラリーマンの方たちはプレミアムフライデーに飲みに繰り出す方が非常に多く見受けられました。

株価も良い反応を示す所が多く見受けられました。

今後参加企業が増えればもっと大きな影響も!現在のプレミアムフライデー実施企業一覧

プレミアムフライデーの参加企業

このプレミアムフライデーに参加する企業ですが、一覧というほどではなく現在では3社となっています。

その3社とは、日本テクノ、大和ハウス工業、住友商事です。

日本を代表する、トヨタ自動車は「一部の職場で導入を検討中」ということで、三越伊勢丹ホールディングスは「何ができるか検討中」ということです。

完全実施が、上述の3社であり、検討すると表明しているのはトヨタ自動車以下多数の企業ということですが、この手の政策は鳴り物入りで始まらないのが日本ということになるのでしょうか。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

当然のことですが、プレミアムフライデーには強制力はありません。あくまでも企業の自由意思に任せるというスタンスなのです。

確かに右にならえで全ての企業が導入するということは夢物語でしょう。

それでも、始まったプレミアムフライデーです。

最初の実施企業の3社は名だたる大企業であり、これからの参加企業の試金石となることは間違いありません。

実際の所プレミアムフライデーはこれからどの程度の経済効果が見込める?

プレミアムフライデーの経済効果

では今後、プレミアムフライデーの経済効果が見込めるのか?EY経済研究所の調べだと、5,000億と言う大規模な効果が見込めるそうです。

プレミアムフライデー導入の狙いは、仕事を早めに切り上げて、買い物や飲食、さらには旅行などに積極的に行ってもらうといったことです。

狙いは言うまでもなく消費アップということなのですが、根底には日本人の働き方を変えるということがあります。

強制ではなく、やりたい会社から始めていくというスタンスは、定着までに相当時間がかかるか、あるいは廃れていくのかのどちらかでしょう。

かつてのオイルショックなどで省エネルックというのが推奨された例がありますが、まったく流行りませんでした。政府主導だったのですが、追随するものが現れなかったのです。見た目もださいということがありましたが、それから何年も経ってクールビズが始まりましたが、省エネルックに比べてもとても洗練されたものだったのです。

余談でしたが、プレミアムフライデーの経済効果は現時点では3社が実施するだけにとどまっているので、現時点では効果は限定的とされています。

しかし、今後実施企業が増えてくると、観光業やサービス業を中心に経済効果がアップすることは間違いないとされているのです。

これからプレミアムフライデーの恩恵が有りそうな関連銘柄

プレミアムフライデーの影響を受ける銘柄

上述の通り、プレミアムフライデーで恩恵を受けるのは間違いなく飲食・観光業・旅行業です。

事故の懸念がなくならない中、高速バスはかなり増便されています。プレミアムフライデーで今後狙い目なのは、交通業界かもしれません。

いずれにしてもサービス業界は間違いなく恩恵を受けることでしょう。

その他にも、購買意識は高まるので百貨店などの店舗を構えるタイプの小売業も注目したい所ですね。

プレミアムフライデーで注目したいポイントや狙うべき銘柄をまとめると…

プレミアムフライデーで注目したいポイント

  • プレミアムフライデーは月末の金曜日の午後三時から休みになるので消費が増える
  • 良い恩恵を受けそうな業界は「観光と飲食」業界
  • 現時点での実施企業は三社!これから増える見込み
  • 今後見込めるプレミアムフライデーの経済効果は5,000億
  • これからは交通&店舗を構えるタイプの小売業も狙い目

こういったポイントを抑えて、プレミアムフライデー関連銘柄を狙うのが良いかと思われます。

けれども、こういう大きく株価が動くイベントに対してこれから動くのは遅いのでは?と感じる方も少なくないと思います。

そういう「誰もまだ目に付けてないプレミアムフライデー関連株」を知りたい方は、下記の様な一部の投資家達が参考にしている銘柄情報元をチェックするのが良いでしょう。

こういう無料の情報を上手に活用するのが賢い投資家の判断です。くれぐれも高額な投資セミナーなどを利用して大事な資産を削らない様にされて下さいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)