北朝鮮問題が株価に与える影響&今回伸びた企業とこれから注目したい銘柄公開します!

北朝鮮と株価の関係性

北朝鮮が株価に与える影響&今回伸びた企業とこれから注目したい銘柄

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く大化け銘柄を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。これから上がる株を知りたい時に参考になる無料情報を3つだけ公開しています。

これから上がる株を知れる!「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

北朝鮮との関係性で株価はどうなる?今後は防衛・軍事関連銘柄に影響が

現在、北朝鮮問題を初めとした地政学リスクが非常に高まっています。

言うなれば、戦争の一歩手前まで発展していると言ってもいいでしょう。

このような非常事態でも、株価の動きは活発で、この機会に乗じた投資を検討されている方も多くいると思います。

北朝鮮が小型の核弾頭の生産に成功したと米国情報国が報じ、それによって世界の緊張感が高まっていますが、それが日本の株式市場にも大きく影響を与えているのは誰もが知るところです。

北朝鮮と株式市場

さらに9月3日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)用の水爆実験を行ったことで完全に成功したと発表しています。

さらに9月15日にもミサイルを発射し挑発を続けているのです。

これで、さらなる緊張と警戒が高まっています。

そこで今注目しておくべきなのが「防衛・軍事関連銘柄」です。

戦争リスクが日本、日本経済にも関わってくるとなった今、注意しておくべき点や注目すべき防衛・軍事関連銘柄はどういったものでしょうか。

北朝鮮のミサイルが発射された時の株価の動きを追ってみると…

日本政府の発表によると、北朝鮮は9月15日午前6時57分ごろ、西岸付近から1発の弾道ミサイルを東北東方向に発射しました。

日本上空を通過し、北海道襟裳岬の東約2200キロの太平洋上に落下したと推定されました。

政府は全国瞬時警報システム(Jアラート)などを使って、国民に情報発信をしたのです。

安倍晋三首相は官邸で記者団に、「暴挙を行ったことは断じて容認できない」と非難しました。

さらに、「北朝鮮がこの道をさらに進めば、明るい未来はない。そのことを北朝鮮に理解させなければならない」と語ったのです。

9月の北朝鮮のミサイル発射時には株価は上昇&円高に

北朝鮮のミサイルと株価の動き

ミサイル発射を受けて、ドル・円相場は早朝に一時1ドル=109円50銭台まで急速にドル安・円高が進みました。

日本株の取引が始まる午前9時時点では110円付近に戻し、その後は110円10ー40銭台で落ち着いた動きとなったのです。

株式市場でもリスク回避の動きは限定的で、TOPIXと日経平均は小安く始まり、早々にプラス圏に転じると、午後は上昇が鮮明になったのです。

ドル・円が企業の想定為替レートの平均である「1ドル=108円を割り込まなければ、業績見通しには変化はない」というのが大方の見方です。

業績拡大への安心感が日本株を支えているとみていいでしょう。

今後北朝鮮が戦争へと発展した時に株式市場はどうなるのか?

戦争と株式市場

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

戦争は沢山のお金が使われます。戦争が起これば儲かる国、企業があるというのが現実です。

特にアメリカなどは軍事産業が活発で、巨大産業となっている国はそうでしょう。

日本も軍需産業に関わっている企業はあるので、戦争リスクによって関連銘柄は注目されやすいのです。

2013年3月に安倍内閣で、最新鋭戦闘機 F-35に使用される日本製部品の輸出を武器輸出三原則の例外として認める「緩和」の決定がされたこともあって、これに関連する企業は増えています。

このように戦争をきっかけに防衛・軍事関連銘柄は大きく業績を伸ばしやすい為、株価は大きく動きやすいということになります。

北朝鮮へは経済的な締め付けが実施。防衛銘柄が一層注目されています

北朝鮮への締め付け

北朝鮮の水素爆弾の実験に伴ってトランプ大統領は北朝鮮の貿易額の約9割を閉めている中国を中心に経済的に締め付けを求めています。

そこで安保理にて制裁を決議しました。

結果的に中国、ロシアに配慮した形で、当初の「最強の決議案」よりは後退しましたが、石油などを3割減にすることで北朝鮮のエネルギー供給や貴重な外貨収入などは徐々に小さくなっていると見られます。

米国の国連大使であるニッキー・ヘイリー氏は「北朝鮮が危険な道を歩み続けるならば、圧力を続ける」と発言しています。

そのため、北朝鮮が挑発を続けた場合さらなる圧力を掛ける動きを取るでしょう。

これに対し、北朝鮮は9月15日にミサイルを発射することで回答したのです。

今後、米国がどのような対応を取るのか注目されます。

北朝鮮との関係性次第で株価に影響が有る銘柄はどういう所が有るの?

北朝鮮の株価を見守る人

北朝鮮のミサイル発射以降、防衛関連銘柄には資金が集中し軒並み上昇しています。

ストップ高をつける銘柄も出たことで、その後も防衛関連銘柄は物色されたのです。

上昇した日本の防衛関連銘柄

細谷火工(4274)⇒8営業日で332%上昇しました

石川製作所(6208)⇒8営業日で235%の上昇です

その後も北朝鮮問題がミサイル実験などを繰り返すことで、防衛関連銘柄は物色対象となり、その度に大きく買われています。

現在も北朝鮮問題は続いていて、日本も大きく影響を受ける可能性があるので、引き続き注視していかなければいけません。

北朝鮮の水爆&ミサイル問題の株価への影響や注目銘柄をまとめると…

北朝鮮問題で注目したい銘柄

  • 現在注目されるのはやはり防衛・軍事関連銘柄
  • ミサイル発射時には株価は上昇&円高に
  • 防衛・軍事関連銘柄は武器輸出の緩和もあり伸びる要素が強い
  • 細谷火工や石川製作所などは200%以上の伸びが確認されるほど

こういった様に、北朝鮮問題により現在株価は大きく動いております。

けれども、安易に防衛銘柄に今さら買いを入れても天井値の可能性も高く、遅いかもしれません。

実際にこれから伸びる「まだ人が目を付けていない銘柄」を狙うのは、中々一般人では難しい問題です。

下記には、多くの投資家達が参考にしている「これから上がる株」を知れる無料情報リストを公開しています。

こういう新鮮な情報を参考にして、これから上がる銘柄を見つけてくださいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)