2017年都議会議員選挙で株価はどう動く?3つの関連銘柄と予想される市場の動き!

都議会選挙と株価

2017年都議会議員選挙で株価はどう動く?予想される市場の動き

【チェック!】投資家達の情報源!「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。相場が動いている時に知りたい無料情報を3つだけ公開しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

2017年の都議会選挙はどう動く?株価にも大きな影響を与える可能性も

東京の都議会選挙は今年の6月23日に告示となります。

言うまでもなく、小池派と呼ばれる小池政治塾から擁立した塾生から何人の当選者が出るかに注目が集まっています。

都議会議員選挙が与える影響

これまでの既成観念をぶちこわす勢いの小池都知事は、かつて「自民党をぶっこわす」として自民党総裁になった小泉純一郎元首相と手法が似ているようにも思います。

この時も輸出関連の銘柄が成長し、株式市場にも大きな影響をもたらしました。

同様に、初夏の都議会選挙で(といっても梅雨真っ盛りとなりますが)小池チルドレンがどれだけ当選するのか今年一番の注目と言ってもいいでしょう。

当然結果次第では株式市場も大きく動く事が懸念されますので、沢山の投資家達が注目しています。

都議会選挙の結果次第では衆議院の解散も有り得る!

都議会選挙の結果次第で衆議院の解散の有無も決まると言われています。

2016年末にも解散総選挙という噂もあったのですが、都議会選挙の結果待ちとなったのは自民党政権にとって吉と出るのか凶と出るのか見物です。

もっとも、小池人気が6月まで継続するのかにも注目が集まっているのです。

注目される都議会議員選挙

というのも、東京オリンピックの経費節減と開催地の変更など矢継ぎ早に打ち出した方策について結局開催地については当初通りとなった点で小池都知事の勢いにも陰りが見えたという評もあります。

ただし、経費節減にはなりましたし、東京オリンピックの経費の問題をクローズアップさせた手腕を評価する声もあります。

いずれにしても、6月の東京都議会選挙は否応なく東京オリンピックの成功の可否もかかっていると言えるでしょう。

国政選挙ではありませんが、これまで以上に都議会選挙が盛り上がるのは必至の情勢となっているのです。

小池派の方針は都政の透明化と都民の生活インフラ整備!勝てば電線関係の銘柄が熱い

小池都知事が主催する政治塾「希望の塾」などから、3月時点で30人超の擁立が検討されているようです。

東京都議会議員定数が127人ですから、過半数には遠く及びませんが当選者数が多くなれば、他の会派からの合流もありえます。

都議会選挙の議席数

現に公明党はかなり小池都知事に秋波を送っていますから、都議会選挙に強い公明党と合わせてさらに他会派の取り込みもできれば十分に過半数の議席確保になるのです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

もっとも、地盤が大事な選挙ですから、後ろ盾が小池都知事人気に頼りきりなところが票読みができないジレンマと相まってネックとなります。

肝心の小池派の政策は「都民ファースト」。これは流行語にもなりそうですが、都政の透明化なども含まれます。目線を都民に移しなによりも都民の生活を第一に考えるということです。

政策の中でも株式市場に影響が有りそうなのは、電線の地中化でしょう。

これが採用されたとしたら電線関連や電気工事関連、マンホールの蓋等の鉄鋼関連の銘柄が良い影響を与える事が想定されます。

自民都連の第一の方針は防災に強い都市にする事!建設関連の銘柄が期待できる

防災に強い東京にする政策

対する、都連の政策というのは、小池都知事の抵抗勢力化していますが、自民党を前面に押し出した戦略をするのは間違いありません。

すなわち安倍晋三首相を担ぎ出しての選挙戦略となるでしょう。

現時点で基本政策というのはぼんやりとしていますが、現在の東京を作ってきたのは都連という自負から実績重視で攻めてくるのは間違いありません。

中でも、防災関係については第一に考えている節が有り、高速道路や橋などを中心とした整備が活性化する事が見込めます。

従って、自民都連が勝った場合には建設関係の銘柄が躍進する事が見込めます。

都議会選挙で株価は全体的にどう動く?自民と小池派それぞれが勝った時の市場の動き

都議選後の株価の動き

国を動かしているのは、国内総生産の1割を握る東京です。その東京都議会選挙というのは国政選挙並みのパワーがあるのは間違いありません。

そのため、その結果は株価にも当然反映されるでしょう。

もっとも株価に影響が出そうなのは、自民党が勝利する場合です。

これは、無党派層が多く、票読みが難しい東京都議会選挙で自民党が勝利するのは次に予定される衆議院選挙でも自民党が勝つと予想されるからです。

この場合は株価が大きく上がることが予想されています。

東京五輪が控えているので、自民党が勝った場合は建設業関連の株価が大きく上がることは自明の理ということになります。

逆に小池派が躍進することになれば、緊縮財政が通ることになりますから、建設関連の株価はどうしても下げ予想となるでしょう。建設業界の株価はあまり躍進出来ないかも知れません。

けれども、ニューリーダーの力が強まったという見解による期待感から、市場全体は良い影響を与える事が予想されます。

2017年都議会選挙の結果が株価に与える影響などをまとめると…

都議会選挙と株式市場の動きを見るポイント

  • 2017年の都議会選挙の結果次第で株価は大きく動く事が予想される
  • 選挙の結果次第では衆議院の解散も有り得る
  • 小池派が勝った時には電線などのインフラ銘柄が期待できる
  • 自民都連が勝った場合には建設関連の銘柄が期待できる

大枠をまとめると、こういった事が2017年の都議会選挙では想定されるポイントです。

けれども、実際にどういった銘柄が具体的に伸びるのかって中々判断が難しい物です。

そういう時には、下記の様な一部の投資家達が参考にしている「無料の急騰銘柄情報」を参考にされるのをお勧め致します。

高額なセミナーなどで散財するのではなく、こういった投資家達に支持されている無料情報をまずは取得し売買を進めて行って下さいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)