公共事業の関連銘柄はまだ固く伸びる!5つの安定して上がる株を探すコツ

公共事業関連の企業

公共事業に関係する銘柄は固い!5つの安定して上がる株を探すコツ

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。相場が動いている時に知りたい無料情報を3つだけ公開しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

公共事業の銘柄は固い?みんなが狙う理由

公共事業となると政府の政策が注目されているのですが、それは言うまでもなくアベノミクスやオリンピックです。

アベノミクスは、日銀法を視野にいれ、日銀に物価上昇目標を2%に設定させて大胆な金融緩和を図るというものです。

狙い目の公共事業

さらに緊急経済対策として、公共事業費5兆円を含む、総事業費20兆円で景気をテコ入れしているのです。

アベノミクスの成長戦略は現在はすでに第二弾となっています。

国策によって影響を受けやすいのが公共事業系の株銘柄です。

また、東日本大震災の復興事業もあるため、東北地方を地盤にしている企業等は既に影響を受けている所もおおいです。

また公共事業には、新規に作るだけでなく改修や解体も含まれるので、景気が上がり調子になってくると大手ゼネコンだけでなく、中小企業にも恩恵が与えられる期待が出てきます。

これから見込まれる公共事業費は20兆円!だから成長が期待できる業界なんです。

入札している人たち

総事業費が20兆円ということですから、公共事業の関連銘柄は底固いと考えていいでしょう。

言うまでもなく親方日の丸ですから、総崩れする心配のない優良銘柄となり得ます。

もっとも、公共事業を手がけるのは民間企業ですから、業績は様々なものがあるでしょう。

それでも、公共事業を手がけているのか手がけていないのかは、入札や信用問題もあり、投資家も厳しくチェックしているところなのです。

どういう銘柄が公共事業関連にはある?チェックしておきたい株は?

建設関係の銘柄

公共事業関連になると、主要銘柄は建設関連となります。

中でも鹿島建設は公共事業を請け負う比率が高く、関連銘柄の中でも優良銘柄として有名です。

他にも、矢作建設工業、ピーエス三菱、NIPPO、東亜道路工業、前田道路などの公共事業関連の銘柄があります。

これらは、公共事業を請け負う確率の高い企業です。

前衛的な方針を持つ公共事業関連銘柄の急伸が今後は期待できる

前衛的な公共事業株

投資家も常にチェックしていて、下がることのない優良銘柄として投資家のマネーを呼び込んでいるのです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

もちろん、政府の公共事業へのばらまき対策には批判が出ているのも事実です。

道路を掘り返して綺麗な舗装道路を作るといった旧来型の公共事業ではなく、前向きで未来志向の公共事業が待たれますし、入札などでそのような提案のできる企業がこれからは生き残っていくことになるのでしょう。

公共事業関連銘柄はいつ位の時期に仕込むのがベスト?

狙い目のリニア新幹線

国を挙げた超巨大プロジェクトとして有名なのがリニア中央新幹線です。

この裾野は広く、JR東海だけの事業というわけではありません。公共事業の面が色濃く出ているのです。

仕込む時期としては、今が旬というしかないでしょう。

関連銘柄は軒並みこれから上がっていくでしょうから、早めの処置が大切となります。

リニア中央新幹線のトンネル工事に関連する銘柄も狙い目!

トンネルの公共事業

特に、ほとんどが山の中という、リニア中央新幹線ですから、トンネル事業に特化した企業の銘柄が広く買われるのは間違いありません。

そのような面を入念にリサーチしておくことが大事です。

リニア中央新幹線工事の経済効果は9兆円ということですし、工期も息の長い2045年となっています。

これに乗っからない手はないというくらい、まさに巨大プロジェクトが動き出しているのです。

公共事業関連株を注目すべき理由は「安定して上がりやすい」から

安定して上がる銘柄

リニア中央新幹線、東京オリンピック、まだまだ続く東日本大震災の復興政策、福島原発の廃炉事業等、これらを見ていると公共事業の行く末はバラ色に見えます。

もともと、公共事業関連の銘柄は株価が安定していて上がりやすいのです。

現在は、東京オリンピックが旬であり、リニア中央関連の銘柄も仕込んでおいたほうがいい時期ですが、東京オリンピックが終わってもリニア中央の事業が向こう30年近くは続きますから、まさに日本経済は成長曲線に入ったと行ってもいいでしょう。

初期の新幹線と同じような流れになることを誰もが期待しているのです。

これから仕込むなら「作る」公共事業では無く「壊す」業種の銘柄にも注目しよう

もっとも、作るだけではなく、これからは「壊す」といった銘柄にも注目しておいたほうがいいでしょう。公共施設の老朽化での立て替えあるいは、少子化の流れに伴った廃校なども増えてきています。

そのような関連銘柄にも注意しておくとよいでしょう。

大手ゼネコンの銘柄ばかりを追うのではなく、建設関係ではどの企業にも注目しておいたほうがいいのは言うまでもありません。

公共事業関連の急騰株をつかむには「最新の情報」を仕入れていち早く動こう

公共事業関連の銘柄を狙うタイミング

では実際に、まだあまり注目されていない「これから上がる公共事業関連株」をつかむので大事な事は、「信頼出来る情報元」を確保しておく事です。

下記には、一部の投資家達が参考にしている、あまり表に出てこない無料の銘柄情報3つを公開しています。

どの銘柄を選んでチェックして行けば良いのか迷ってしまうと言う方は、こういった信頼できる無料の情報から参考にしてみる事にしましょう。

無暗に高いセミナーなどに参加して、投資資金を減らす様な行動するのはおすすめ出来ませんよ。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)