株の権利確定で配当を狙いたいなら、権利最終日をしっかりチェック!

権利確定

株式における権利確定とはいったい何のこと?そう思った方も多いはずです。これは株主優待に関係する言葉です。

投資家が株を購入すると、その企業から株を保有してくれていることに対してお礼が行われます。

それは様々な形の商品であったり金券であったりするのですが、それをもらうためにはただ株を保有してるだけではだめなのです。

株で権利確定したい!そう思った時にどうしたら良いの?

単に株を持ってるだけで優待がもらえるなら、手当たり次第に株を買っては売ればよいことになります。

ですので、ある一定期間保有してる株主に対して行われるようにルールが決まっているのです。

そのルールは株を発行してる会社によって違うのですが、基本的には権利確定日まで株式を一定数保有している人に対して行われます。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

この権利確定日は各企業によって違いますが、ではこの日に株を持っていれば良いのだと考えるのはみんな同じです。

ですが、この日に株を買っても株主優待はもらえません。 それは株は名義があるので、書き換えに時間がかかるためです。

優待が目的なら、権利最終日を確認しよう!

その書き換えの時間を考慮して最終的に優待がもらえる日のことを権利月最終日と言います。 権利確定の三営業日前までに購入した場合に株主優待がもらえるのですが、この権利を確定した次の日を権利落ち日と言います。

人気のある優待を行っている企業の株価は権利確定日で高値を付け、権利落ち日に下がる傾向があります。

株主優待を利用する人は株価の動向にはあまり影響を受けずに長期保有する傾向がありますが、権利確定前後は大きく株価が動くので、それに関係ない時期に購入しておくと良いですね。

株式投資ニュース関連記事

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)