2017年ガスの自由化に影響を受ける銘柄&株価をチェックする大事なポイント

ガスの自由化と関連銘柄

2017年ガスの自由化に影響を受ける銘柄&株価のチェックポイント

【チェック!】投資家達の情報源!「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。相場が動いている時に知りたい無料情報を3つだけ公開しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

ガスの自由化いよいよスタート!既に多くの投資家が注目しています

2016年の4月に電力の自由化が始まったのは誰もが知っていることですが、今度はなんと2017年4月からガスの自由化がスタートします。

ガスの自由化と市場の関連性

このガスの自由化に目を付けて、市場をチェックしている投資家達も少なくないと思います。

太陽光発電などで電力の自由化というのは私たちの生活の中でも身近な存在です。

基本的には、2016年の電力の自由化というのはどこの電力を使うかが選べるというものでした。

そして2017年のガスの自由化というのも、簡単に言うとガスを選ぶことができるようになるのです。

参考情報:資源エネルギー庁ガス事業制度について

実際に何が変わるの?2017年のガスの自由化は都市ガスに対するものです

実はプロパンガスはすでに自由化が始まっていて、この2017年4月のガスの自由化というのは都市ガスの自由化です。

都市ガスの自由化

プロパンガスの自由化というのはガスボンベを変えるだけですから、プロパンガスの自由化というのはそれほど問題にはなりませんでした。

しかし、導管で供給する都市ガスの自由化というのは、これまでの都市ガス販売の中でエポックメイキングな出来事となっているのです。

ガスの自由化というのはガス会社の競争によってガス料金の低下を目指すものです。

プロパンガスは都市ガスよりも高めとなっていたので、これからは都市ガスを自由に選べるようになるのではという期待もあるでしょう。

ガス自由化に伴う『新規参入企業』とそれぞれの特徴

ガスの新規参入企業

都市ガスの自由化が近づいていることで、新規参入企業が数多く予想されています。

それほど話題にならないのでわかりにくいかもしれませんが、電力会社がガスの供給を始めることが決まっています。

東京電力(証券コード9501)関西電力(証券コード9503)中部電力(証券コード9502)九州電力(証券コード9508)と言った、大手の電力会社が名を連ねています。

さらには石油会社、携帯電話会社なども参入予定となっています。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

新規参入する電力会社や携帯電話会社の株価の急騰はガス自由化では難しい?

ガス会社の株価急騰

けれども、新規参入するガスの供給会社の株価が急騰するかと考えると、ちょっと難しいかも知れません。

と言うのも、各社社運を賭けた参入ビジネスとはあまり考えにくい部分がいくつかあるのです。

電力会社は、ガス会社のシェアを奪うこと、さらにオール電化の構想と相反する販売戦略です。

各家庭に電力供給のインフラができているので、家庭に入りやすいという土壌は、既存のガス会社にとっても脅威とはなるものの、ひっくり返すのも短期間で行うのは難しい問題です。

携帯電話会社については、電力自由化にともなって参入した経緯がありますので、ガスの自由化についても同様の展開を見せていますが、これもガスと携帯電話はちょっとイメージし辛い部分も有り浸透するのに時間がかかりそうです。

しかし、参入ハードルは中々高めと言う事もあり、どこも大手の業者ばかりで「急騰が期待できる銘柄」は新規参入企業からは期待できないでしょう。

ガスの自由化で真っ先に注目したい銘柄は配管や関連設備機器のメーカー

ガスメーターを作るメーカーは注目

しかし、先述したように都市ガスの供給には専用の導管が必要ですし、家庭のガス設備を都市ガス用に変えなくてはいけません。

すると需要が高くなるのは、都市ガスに対応している配管を作っているメーカーがまず注目されます。

例えば、新日鉄住金 (証券コード5401)や鋳鉄管 (証券コード5612)、積水化学 (証券コード4204) や三井化学 (証券コード4183)等がガスの配管関連で注目したいメーカーです。

また、ガスメーターを制作しているアズビル(証券コード6845)なども注目したい銘柄の一つです。

保守点検に関わる企業もガスの自由化に影響が有る!動向をチェックしたい関連株

ガスの保守会社

都市ガスは思っている以上に裾野の広い業種です。

関連銘柄を挙げると膨大になるのですが、この会社もそうなのかと思う銘柄で一杯になります。

主だったところでは、日本ユニシス、NTTデータ、日立製作所、日揮、IHI、東洋エンジニアリングなどがそうですし、まだまだたくさんあります。

多くの会社がひしめきあっていますし、ガス会社を選ぶとするとガスの利用だけではなく、ガス機器の保守点検に関わる部分もしっかりとしたところを選びたいものです。

2017年のガスの自由化で上がる銘柄選びのポイントをまとめると…

ガスの自由化の株価チェックポイント

  • ガスの自由化の仕組みをまず知ろう
  • 2017年の自由化の対象は「都市ガス」に対するもの
  • 新規参入企業の銘柄はすぐに急騰と言うのは期待できない
  • ガスの自由化の恩恵を受けそうな企業は配管や関連設備
  • 保守点検に関わる銘柄も忘れずにチェックしておこう

こういったポイントを抑えて、ガスの自由化に対する銘柄選びを進めて行くのが適切かと思われます。

けれども、投資家の心理としては「まだ誰も目を向けていないこれから伸びる銘柄」を抑えておきたいものです。

下記には、これから急騰するであろうおすすめ銘柄を無料で仕入れる事が出来る情報元3つを掲載しています。

稼いでいる投資家達の情報源と言われている、信頼できる情報元であり『無料』ですので必ずチェックされる事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)