ビットコインと株どっちが狙い目?BTCの現状や狙い目の関連株!2017年10月最新版

ビットコインと株どっちが良いのか

ビットコインと株どっちが狙い目?BTCの現状や狙い目の関連株

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く大化け銘柄を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。これから上がる株を知りたい時に参考になる無料情報を3つだけ公開しています。

これから上がる株を知れる!「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

ビットコインってどういう物?今株式投資よりも注目される理由は?

ご存知の方がほとんどだと思いますが、ビットコインはインターネット上で使うことができる通貨です。

通称「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれています。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、インターネットさえあれば国境も関係なく世界のどこにいても使うことができます。

そのため、幅広い使い道があることがメリットになり今世間的に強く注目されています。

株式投資よりも注目されているBTC

例えば国境をまたいで送金したいとき、ビットコインを使えば通常の送金よりかなり低コストで済むのも魅力の一つとなっているのです。

また、内戦などで国交が断絶している国には事実上、送金することはできませんがビットコインなら可能です。

つまり、ビットコインは通貨の国境を無くしたと言えるのです。

どの位ビットコインは値上がりしているの?直近のデータを確認してみると…

では実際にどの位ビットコインの価値は上がっているのか?

直近のデータ(ビットフライヤー調べ)を確認すると、2017年9月末の時点で1ビットコイン当たり48万円前後でした。

しかし、ひと月もたっていない10月25日時点で63万円前後まで上昇しています。

ビットコインの価格推移

130%以上の値上がりをしています。1ビットコインを9月末に買っておけば15万円程差額が出る計算になります。

また、わずか半年前の4月1日では1ビットコインあたり12万円前後だったので、その頃買った方は56万円程の差額が計上されています。

異常な位値上がりしていますが、その位ビットコインの可能性を全世界が見出している証拠とも言えます。

ビットコインと株式投資はどう違う?違いや市場規模を比較してみると…

株式市場の時価総額は8000兆円を超えています。

それに対して、ビットコインなどの仮想通貨市場はまだ20兆円程度となっています。

これは、トヨタ1社の時価総額に追いついたところですから、ビットコインなどの仮想通貨市場の伸びしろは無限大にあると考えていいでしょう。

また、仮想通貨は世界中の人が使える「お金」と考えることができます。

そうなると株式市場よりも大きなポテンシャルを秘めていると考えていいでしょう。

事実、仮想通貨の投資家層は投資経験ゼロの社会人や学生、そして女性もたくさんいるようです。

主婦でも取引できるビットコイン

これまで、株式投資に無縁であった人たちがビットコインを活用し、利益を得ているのです。

ビットコインは狙い目だけど…取引会社は良く選ばないと「大損」します

ビットコインも試しに取引を行ってみようかなと思うのであれば、安易に取引会社を選ぶのはとても危険です。

過去にはマウントゴックスをはじめとした取引所が問題を起こした事で社会問題になったほど。

そうなると、あなたがせっかく投資したお金も戻ってきません。

なので、海外のビットコイン取引所や名前の通っていない会社での取引は絶対におすすめ出来ません。

下記の「ビットフライヤー」は、日本国内最大手のビットコインの取引所です。

テレビCMなども多く放映されており、最も日本では信頼できる取引会社の一つ。

ビットコイン保管中のリスクを補償する損害保険を国内大手損害保険会社と契約しているので、不安なく取引を行う事が可能です。

ビットコインの取引を検討されている方は、こういう会社で取引開始される事をおすすめ致します。

ビットフライヤー
ビットフライヤー公式サイト
>>財務省登録済みの日本最大手「ビットフライヤー」とは?

ビットコイン等仮想通貨は利益という指標がない

株式投資の場合では「将来の純利益」が大きな株価の指標となります。

俗にいう「PER」というものです。

これは、とても難しいもので、商品やサービスの成長戦略を見て「その商品が売れるのか・そのサービスが流行るのか」そこまで考えられる人でないと、株式投資には無理があるでしょう。

相場とBTC

一方で、仮想通貨である「ビットコイン」が人々に「使われるのか、使われないか」なので、人気度や認知度で判断できるのも大きな特徴です。

株式投資に比べて、仮想通貨投資に女性が多いのは、株式のように論理的なものではなく直感的に投資ができるからです。

株式投資で思う様な利益を出せないと悩むあなたへ

雑誌やネットなどで情報収集をしても、株で中々利益を出せない…。そんな状況になっていませんか?

株で利益を出している投資家達は、「新鮮な銘柄情報」を必ず仕入れています。

>>投資家達が必ず仕入れる「3つの新鮮な銘柄情報」とは?

株式市場にもビットコインの影響はまだまだこれから強くなる

日本で、大きなターニングポイントとなったことの一つに、2016年に成立した仮想通貨法があります。

仮想通貨法によって、ビットコインが通貨と同じ働きをすることが認められたのです。

そして、仮想通貨の取引所が国に登録するよう義務付けられることになりました。

BTC取引所の登録

その中には本人確認記録や取引記録の作成や保存など、疑わしい取引は当局へ届け出ること、システムの安全管理、利用者に情報提供をすること、外部監査や検査を受けることなどが含まれています。

これらの決まりによって、ビットコインなどの仮想通貨がマネーロンダリングやテロなどに悪用されないよう防ぐ事ができます。

さらに、その取引所を使う利用者も安心して利用できるようになったのです。

ですから、政府の後押しもあって、ビットコインの影響力はすでに株式市場にも及んでいるのです。

どういう業界がビットコインの関連株と言えるのか?注目したい銘柄は?

投資するには取引所や販売所を介して、ビットコインを売買します。

取引所のアカウントを作るのも簡単で、ビットコインなど仮想通貨に投資したいという人はどんどん増えているのが現状です。

そのため取引所を運営する銘柄は、今がまさに大注目の銘柄なのです。

ビットコインで狙い目の株

<3807>フィスコはフィスコ仮想通貨取引所を子会社に持っています。

フィスコ仮想通貨取引所ではビットコインのほかに、日本が発祥のアルトコインであるモナコイン(モナーコイン)の取り扱いがあります。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。基本的にビットコインの仕組みと大差はありません。

2017年4月末、モナコインは新技術セグウィット※を採用したため注目を集め、そのせいで<3807>フィスコは大きく株価を上げたのです。

ビットコインと株式相場の関係性のまとめ&これから伸びる関連銘柄

ビットコインと株式市場の関係性

  • ビットコインなどの仮想通貨市場はまだ20兆円程度だけれども将来性は高い
  • 仮想通貨は利益という指標がない
  • 取引会社は良く選ばないと大損するので注意
  • ビットコインの関連株は「フィスコ」に注目

こういった様に、ビットコインは大きく株式市場に影響を与えます。

当然、今回ご紹介したフィスコ以外にも動きの有る銘柄はいくつも有るでしょう。中にはこれから急騰が期待できる銘柄も存在しています。

けれども、そういう「これから上がる銘柄」は一部の投資家しか知らず、中々一般の人には情報が入ってこない物です。

下記にはそういった一部の投資家達が参考にしている銘柄情報3つを公開しています。

これから急騰する銘柄を知りたいと言う方は、無料でチェックできますのでご参考ください。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)