株で損をする人がやりがちな3つの間違い!賢い投資ポイント

株で損をする人の共通点

株で損をする人がやりがちな3つの間違い

~目次~

【PickUp!】『利益を出してる投資家』が手に入れている新鮮な情報元3つ
儲けている投資家達が入手している「新鮮な銘柄情報元3つ」をこっそり紹介しています。3つとも無料で手に入る情報元なので、リスク無くこれから上がる株を知る事が可能です。

株で損する人がやってしまいがちな3つの間違い

株式投資を一生懸命勉強したり情報収集を怠らずやっていても、損をしてしまう人は少なく有りません。

利益を出す時は少ししか出せず、損失の方が多くなってしまっている・・・。

情報収集を積極的に行っているのに、何故かうまく結果が出ない・・・。

勝率は良いハズなのに、トータルでは何故かマイナスになってしまっている・・・。

こう言う心当たりは有ったりしませんか?

株で損をしている人って実は「株に対する取り組み方」を間違ってしまっているケースが多いそうです。

今回はそういった、株式投資で損をする方やりがちな3つの間違いについて詳しくご紹介致します。

1.ニュースや新聞に振り回されてしまう

株のニュース

例えばニュース等を見ていて企業の業績が上方修正された等発表されたら、すぐに飛びついて見たりしていませんか?

確かにこう言う事が発表されると、すぐに株価が上がって行きそうな物ですが意を反して株価が下落してしまう事って結構あるんです。

これは相場の習性とも言えるのですが、こう言うニュースが発表される前の段階に、既に投資家達に先回りして買われてしまっている「織り込み済み」と言われる状態です。

つまり、新聞やニュースに出た時点で「材料出尽くし」になってしまい、株価が落ちてしまうのでニュースや新聞の情報に飛びつくのは危険です。

株で損しない為にニュースは「織り込み済み」か確認

こういいった事にならない為にも、ニュースや新聞等で気になる銘柄を見つけたら「織り込み済み」なのかどうかをしっかり確認する様にしましょう。

例えば業績発表の話題が出たのであれば、現在の株価は事前の予想でどこまで行っているのか。例え良い業績でも事前の市場の予想を下回っていたとすれば当然株価は上がりません。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

また、情報を仕入れるにしても「情報元は吟味」する様にしましょう。

ニュースや新聞では中長期的な物は参考になるかも知れませんが、短期~中期においては情報が遅い事が多くあまり参考にならない事も。

なので自分の投資スタイルに合った情報の仕入れ元を見つける様にしましょう。

2.回転商いの様に取引を重ねてしまう

回転商い

株で利益を出せた後には、またすぐに別の銘柄に投資を行ってみようか?そう言う気持ちになってしまいがちですが注意が必要です。

株式投資はギャンブルという方も居ますが、そう言う感覚で安易に取引を重ねてしまうと結局は損をする人になってしまいます。

年がら年中売り買いを重ねるのでは無く、あまり自信が無い投資を行う位なら少し休んで頭を休める事が必要です。根拠が薄い取引を重ねるならば、やらない方が絶対に良いです。

相場の状況を良く見て投資にも休息

基本的に相場の流れを見て、上昇している時に利益を上げたりそれに乗り遅れて下降局面に入ったら、素直に取引は休みましょう。

株式投資を行う時に判断を狂わせるポイントが、利益を出せた時の「慢心」と損をした時の「焦り」です。これがある時には冷静に相場を見る事は不可能です。

こうなった時には、少し相場と距離を置いて相場全体を静観する「ゆとり」を持ってから取引を再開させましょう。

3.一発逆転を狙うと損をします!

投資の失敗

株の損は株で取り返せという方も多いですが、良く大きな損失をする方で共通して言えるのが、損をした分を一気に取り戻そうとしてしまう事です。

こう言う考え方で取引を重ねてしまうと、ギャンブルに近い投資を重ねる事になり、無駄な取引きを行ったり余計な損失を招く結果になってしまいます。

また、読みが当たって株価が上昇しても「まだ上がる」と欲をかいてしまい、ベストな売り抜けタイミングを見誤るなんて事も良く有る話です。

一発で取り返すのでは無くコツコツ積み重ねて損は取り替えそう

一度の大きな利益で損失を穴埋めするのではなく、一回の取引の利益は少なくとも「確実に」利益を重ねて行くのが賢い投資家の考え方です。

有名な投資の格言でも、「利食い千人力」という言葉があります。

少しでも利益が出たのなら、早めに売って利益を確保して行くべきだと言う教訓です。欲張って高値を期待して待っていても売るタイミングを失ってしまわない為の考え方です。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)