株価と為替が連動する理由と円安と円高時の正しい判断ポイント

株価と為替の連動

株価と為替が連動する理由と正しい判断ポイントまとめ

<目次>

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

株価と為替の連動性が高いと言われるのは何故?

為替と株式市場

株価を大きく動かす連動性のあるものとして、景気と為替が有ります。

良く不況下の株高と言う言葉が使われる様に、景気が悪かったり為替相場がおかしな状況だからと言って必ずや株式市場に悪い影響を与える訳ではありません。

その典型的な例が、過剰流動性相場という物です。

一般的にマネーサプライの伸びが悪いため、資金需要が少なくお金がだぶつき気味で推移している状況の事を指します。

その余った資金が運用に向かって株式市場に流入し、株式が需要過多となって株価が上昇する仕組みです。

為替は株価に円安はプラス円高はマイナスに動く

円高と円安

実際に何故為替が株価に影響するのか?端的にまとめると、基本的に円安は株価にとってプラスに働き、円高はマイナスに動きます。

これは東証一部のメインである企業群にはエレクトロニクス関連や自動車、精密機械などの円安メリットを受ける企業が存在している為と言うのと、海外の投資家達が為替差益を狙って投資資金が入りやすくなるからです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

こういった海外の投資家達も、国際化で先行する国際優良株を先行して買いに入れたいのです。

行き過ぎた円安は株価にマイナスに動く事も

円安はマイナス

基本的に日本と言う国は、大幅な輸出国です。円安の方が全体の企業収益にプラスになりますが、行き過ぎた円安はマイナスに働くことも有ります。

国際的な信用力の低下につながり、外資系企業が日本株の購入を躊躇してしまう結果になりかねないのです。

また、電力やガス、鉄鋼などの原材料が輸入に頼る企業が円安になってしまうとダメージを大きく受けてしまいます。

こういった様に、為替相場が円安になった時には株式市場にとってプラスになる事が多いですが、長期的な視点からするとマイナスに動きます。

何よりも、日本の投資家単位で考えると、銘柄によって為替相場からどういう影響が有るのかを判断するのがとても大事です。

あなたが取り扱う銘柄によって為替相場をどう判断するか考えよう

為替相場

輸出で利益を上げている企業であれば、円安は銘柄に対してプラスに当然働きます。

逆に、輸入で利益を上げている会社の銘柄であれば、円安はマイナスに株価に作用して行きます。

こういう事を頭に入れて、あなたが取引を行う銘柄に合った売買をして行きましょう。

また、どういう銘柄を購入したら良いのか迷ってしまった時には、下記に取り上げている様なこれから上昇するのが期待されている銘柄情報を参考にしてください。

闇雲に銘柄を選定する時間が省け、効率的な売買を行う事が出来るはずですよ。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)