下降トレンドの正しい買い方は「大底」の後に買いを入れる事なんです

下降トレンドの買い方

下降トレンドの時の正しい買い方まとめ

<目次>

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

下降トレンド時の正しい買い方は【大底】を確認できた時!

株式投資の基本は、何といっても「順張り」です。徹底して強い銘柄を攻める事が重要な考え方です。

けれども、だからと言って闇雲に高い銘柄を買いに行っても仕方ありません。

トレンドを重視して、上昇基調の銘柄を狙う事がとても大切なポイントです。

例えば押し目買いとは、上昇トレンド銘柄のちょっと安くなった所を買う事で有り、下降トレンドの時の局面に買いを入れる事は絶対に有りません。

下降トレンドの時には、大底を確認できた時に買いを入れるのが鉄則です。

大底を確認する為には「チャート分析」が必須です

チャート分析

買いを入れて良い銘柄と言うのは、大底確認から上昇トレンドとみられる銘柄か、ボックス相場の下限に位置づけしている銘柄です。

もちろん、対象の業績や需要を見込んだうえでの買いを入れるのも忘れずに行ってください。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

けれども、そんな時に皆さん直面するのが、「どこが大底か分からない」現実です。

こういった、大底を確認する事としてとても大事なのがチャート分析能力なのです。移動平均線なども組み合わせて確認すると、より精度の高い分析を行う事が出来ると思います。

チャートにおける株式投資の目的は、いかに天井と大底を見抜く事が出来るかにかかっています。

天井や大底の転換点を知る事が出来るのであれば、中途半端な下降トレンドの時に買いを入れてしまったり、大底ブン投げを行ってしまったりと言った最悪パターンを避ける事が出来ます。

下降トレンドから大底で買いを入れる!3つのチャート分析方法

下降トレンドからの大底の確認方法

チャートからは需要のわずかな変化を読み取る事が可能なので、チャートから大底を知る事が可能です。

こちらではそういった、大底を知る為に知っておきたい3つのチャート確認ポイントをご紹介致します。

ポイント1「逆三尊」

この逆三尊とは、いわゆる三尊天井の逆の形を表すチャートの事を指します。

三尊天井とは、頭と両肩に見立てられる3つの山から形成されますが、逆三尊とは、この形が下に向いた形になります。

この逆三尊型の大底が完成したチャートが出来た時には、下降トレンドが上昇トレンドに転換したと判断する事ができます。

ポイント2「二点底」

二点底(ダブルボトム)とは、大底を2回にわたって付けた形になり、レジスタンスラインを抜けたことにより、下降トレンドの転換を確認する事が出来ます。

また、大底の間の山に引いたレジスタンスラインを抜けたの有れば、確実に上昇トレンド入りが確信する事が可能ですので、買いを入れるチャンスです。

ポイント3「ソーサーボトム」

下降トレンドの時に次第に下げ幅が小さくなり、レジスタンスラインを一時的に上回る物の、その後は小さな山や谷をくり変えす事が有ります。

その繰り返しを行ううちに、お皿の様な形になるのですが、そういった時こそ下降トレンド時の買いシグナルです。

ベストな買いのポイントは、ソーサーボトムに入る直前の山を上回ったタイミングです。

こういった様に、下降トレンドの時の正しい買い方は、「チャートの分析」がとても大事です。

しっかりとチャートを読む力を付けてから、こういった下降トレンドの売買は行ってくださいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)