株は順張りよりも逆張りの方が利益を出しやすいのご存知ですか?

順張りと逆張り

株式投資は順張りより逆張りの方が利益を出せる理由

<目次>

【PickUp!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株で利益を出すには「逆張り」を行うのが近道!

良く株の格言で「麦わら帽子は冬に買え」と言う言葉が有ります。

これは、簡単に言うと人と同じ取引を行っていたのでは稼ぐ事が出来ないので、逆張りを推奨する言葉です。

株式投資においては「順張り」と「「逆張り」と言う物が存在しています。

確かに人と同じ様に取引をしていては、株式投資では大きく利益を出す事は難しく、基本的には「逆張り」を狙う方が利益は大きく出す事が可能と言われています。

株は順張りよりも逆張りの方が取引しやすい?

逆張りの考え方

順張りの考え方

順張りは株価が上昇過程にある時に買いを入れて、状況が悪くなりそうなタイミングで売りをかける考え方です。株式投資初心者の方のほとんどは順張りです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

逆張りの考え方

逆張りとは前述したように、市場での人気が落ち込んでしまって株価が底値付近でフラフラしている状況の時に買いを入れる、市場の人気に逆行する投資方法です。

取引の仕方によっては売り買いタイミングを読みやすく、利益も上げやすい取引スタイルです。

こう比べてみると、「逆張りの方が優れた取引の考え方なのに、何故順張りの方が多いのだろう?」と考える方が殆どだと思います。

それは投資家の心理として、逆張りは不安を感じる物だからです。

市場の人気が落ち込んでいる時には、一般的な心理としては「まだ株価は下がるのではないか」と考えるのが通常の心理で、そこで逆に買いを入れる勇気を持つ事は中々難しい物。

けれども、そういう時にチャレンジする方が大きく利益を出す事が出来るんです。(初心者の方は無理しないでくださいね)

まずは信頼できる銘柄情報を参考に逆張りの感覚を掴もう

初心者の逆張り投資法

そう言われてみれば、有名な投資家は気持ちが強い人や信念がぶれない人が殆どですよね。株式投資を行うには強い信念や度胸が必要になって来るのかも知れません。

とは言ってみても、いきなり「逆張り」にチャレンジしても当然うまく行かない物です。

最初は自己流で無茶をするのでは無く、下記の様な銘柄情報を参考に売り買いを行って「感覚をつかむ事」がとても大事です。

むやみやたらと高いセミナーなどに参加をするのではなく、こういった無料の銘柄情報で充分ですので、まずはチェックしてみてくださいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)