失業率や有効求人倍率が株価に与える影響&5つの投資判断で参考にしたいポイント!

失業率や有効求人倍率と株価の関係性

失業率や有効求人倍率が株価に与える影響&5つの投資判断ポイント!

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く大化け銘柄を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。これから上がる株を知りたい時に参考になる無料情報を3つだけ公開しています。

これから上がる株を知れる!「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

失業率や有効求人倍率が与える株価に与える影響は?意味や関係が有ると言われる理由

有効求人倍率というのは、厚生労働省が発表しています。これは、月間有効求人数を月間有効求職者数で除した倍率ということです。

この数値によって、労働市場では需要すなわち求人数が多いのか、供給すなわち求職者数が多いのかがわかるようになっているのです。

求職者が見る雑誌

この数値が上がることは、すなわち企業が人材を募集しているということですから、景気が上向いていると判断されて投資家が動く為、株価に影響を与える事から株式市場との関係性は強いと言われています。

投資家はこのような経済指標については、かなり敏感に反応します。これは少しでも早く動いたほうがそれだけ利益を生み出しやすいからです。

失業率が高いと、あるいは有効求人倍率が低いと、労働力過多ということで、景気が悪いと判断する事が出来株価にも大きく影響を与えるのです。

失業率や有効求人倍率は業界ごとの景気を知れる!注目度が高い理由

景気の動向を知れる失業率

それだけ仕事を求めている人が多いこと、失業している人の財布の紐は固いですから、それだけ消費しない、すなわちお金の流れが悪くなるので景気も後退するという判断になります。

労働力の指標というのは経済指標の中でもとりわけ重要視されています。景気の動向を知るにはダイレクトに関与されるものですから、その注目度はひときわ高いと考えていいでしょう。

また、地域や業界ごとに有効求人倍率は計上されるので、どの業界や地域が人手を必要としているのかを一目で確認出来る事から、成長している分野を知る事が出来るのです。

失業率が発表された結果によって経済はどうなる?それだけで経済状況を判断できない理由

完全失業率が高まると増えるハローワークの需要

失業率は、失業者数と労働力人口で除した数値です。日本ではこれを完全失業率と呼んでいます。

一般的に先進国の中でも失業率が低いとされているのですが、その算定方法は各国まちまちで、それだけで日本の経済状況が良いとは一概に言えないのです。

失業率は総務省が発表しています。(参考:総務省労働力調査

一般的に働く意思があるのかないのかでも失業率というのは変わってくるのですが、日本ではこの失業率の判断として4%以内というのが一つの景気のバロメーターとしているようです。

現在の失業率や有効求人倍率の推移から見る経済や株式市場に与える影響

有効求人倍率等が株式市場に与える影響

現在は3%を越えたところで推移しているようですが、失業率が低くなるとそれだけ生産性が口上することになります。

それによってGDPが上がることが予想され、結果として企業の業績が上がり、株価市況も好転することになるのです。(参考:国民経済計算(GDP統計)

全てが回り回らなくてはいけませんが、株価というのは全ての面において正直です。何かが好転すればすぐにそれが株価に反映します。

それは失業率についても同様のことが言えるのです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

有効求人倍率と失業率の相関性はどの程度あるの?

有効求人倍率と失業率の相関性

失業率を詳しく見ていきましょう。この失業率は仕事に就く意思があるかないかも大きな判断材料となります。

景気が良いと、仕事をしてみようかなと考える人が増えて逆に失業率が上がる場合があります。

一方で景気が悪くなると、仕事に就くことをあきらめる人が増えるので、失業率が逆に下がる場合があるのです。

このことから、失業率を短期的に考えて景気が改善した、あるいは悪化したと判断するのは早計と言えます。

企業のほうも、景気が悪くなったからと言ってすぐにリストラするわけではありませんし、景気が良くなったからといってすぐに雇用というわけにもいきません。

失業率は景気の動向よりも数ヶ月遅れて世相を反映することが多いのです。

有効求人倍率は失業率は関係性が高いけどより市況判断がしやすい指標

投資判断は有効求人倍率の方が大事

もう一つの有効求人倍率は、簡単に言うとハローワークなどで職を探している人に対して、何件の求人数があるかを示す数値です。

失業率よりも景気の変動や世相などをダイレクトに反映する傾向にあります。

失業率と有効求人倍率はその両方を見ることでより的確に雇用情勢を把握することができます。

それがさらには、企業の業績、いわゆる市況判断に繋がるのです。

失業率や有効求人倍率が発表されて影響を受けやすい業界は?

失業率や有効求人倍率に左右されやすい業界

有効求人倍率が多いと判断されると、職に就こうと思う人が増えることは間違いありません。

そうなると、全ての人がハローワークに行くのかというとそうでもないのです。

インターネットが発達している現在では家にいながらにして求職活動ができますから、転職サイトなどを利用して職に就こうと考える人も多いでしょう。

このように、有効求人倍率が上がると影響を受けやすい業界というのは人材派遣会社や、仕事を斡旋する業界、転職業界などでしょう。

多くの人を数十人単位で一堂に集めて企業説明会をすることもありますので、そういったイベントを企画する様な会社を選ぶのも良いかも知れません。

【ポイントまとめ】具体的にどういう銘柄が失業率や有効求人倍率で上がるのか?

失業率から見る銘柄選び

では具体的に有効求人倍率や失業率が発表された時、どう言う銘柄が上がるのか?

もちろん、発表された数値によってそれは時々変わります。発表された数字を参考に業界を絞り、銘柄をチェックして売買すべきかどうかまで判断してから動くのでは正直遅いです。

ではいち早くこういう情報が公表された時に投資家達は動けるのか?

それは下記の様な信頼できる情報筋から新鮮な銘柄情報を仕入れているから。下記にはそういった、これから上がる銘柄を教えてくれる投資家達の情報源3つを公開しています。

業率や有効求人倍率が発表される前後にどういう売買を行えば良いのか知りたい方は、こういった情報を参考に取引を行ってくださいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)