ロイター通信で株式情報を手に入れよう!【投資の情報収集】

ロイター通信

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株式投資を始めると、いろんな情報が気になってきますよね。どういう本を読めば良いのか?そしてどんなニュースを参考にすれば良いのか?

株だけでなくFXなども投資として扱っている方で有れば日本国内のものだけでなく、海外の情報も気になるものですよね。

そんな人に株の情報を得る一つのソースとしてオススメなのがロイターです。

ロイターってよく聞くけれども一体何?

ロイターというのは、そもそもユダヤ系ドイツ人であったロイターが創設したイギリスの通信社です。それゆえ、株情報ではなく最初は一般的な報道機能の方がメインでした。

今はカナダのトムソン社に買収されており、金融に関数情報やそれに属する事業の比重が大きくなっています。

言語は日本語にも対応しているので、株情報も日本語で手に入れることができます。

ロイターのコラムは、証券会社とは異なる視点なので、同じ内容でも書き方が違って初心者でも参考にしやすいと言われています。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

サイトを見れば、東証一部の出来高なども分かるので客観的なデータを知ることができます。

新規公開株や公募増資といった新たな動きを見せる株銘柄の情報も分かるほか、フィスコの注目コラムも参照できます。

フィスコのコラムもとても参考になる

フィスコは投資支援サービスを提供している企業で、こちらもロイターの情報とともに、株の情報を得るスタンダードなサイトになっています。

フィスコ自体も上場企業なので、経済が活性化している今、投資対象としてもいいかもしれませんね。

アナリストによる企業分析などのサービスも提供しており、アプリは無料で使えるところも魅力です。

さらに、ロイターのサイトの良いところは、企業業績や世界の企業の格付けを知ることができる点です。

アップルやグーグルといった企業の格付けも知ることができるので、外国株式をやりたい人、もしくはやっている人にも参考になる情報が豊富です。

株の情報だけでなく、為替や商品先物といった他の金融機関の情報もあるので、総合的に経済のことを学ぶことも可能です。

もっと投資に対しての知識を深めたいと言う方は、こういったロイター通信などの情報を参考にされてみては如何でしょうか。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)