政策金利と株価の関係性&2つの発表された時に影響が受けやすい業種ご存知ですか?

政策金利

政策金利が発表されると株価はどう動く?影響度合い等の基本知識を知ろう!

投資に興味が出てくるとよく出てくる言葉に「政策金利」と言ったものがあります。

これは、別名で「公定歩合」と呼んでいます。

この政策金利は、株価や為替に大きな影響を与えるだけでなく、実生活の中でも大きな影響があるのです。

今回はそういった、政策金利が発表された時に株価に与える影響度合いや詳しい政策金利の仕組み等、株式投資を行う上で知っておきたい基礎知識をまとめています。

読むだけで簡単に理解できる内容になっていますので、株式投資を行う方はご参考下さい。

デパート関連の株価はこれからどう動く?今後の動向と2つの注目銘柄

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く「上がる銘柄」を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない無料の銘柄情報元3つ」をこっそりご紹介しています。中々株式投資で利益を出せない方は無料情報なので必ずチェックしましょう。

投資家が必ず参考にする「無料の銘柄情報収集元3つ」とは?

そもそも政策金利ってどういうものなの?仕組みを詳しく解説

それでは政策金利とはどのようなものなのでしょうか。

まずご存知の事とは思いますが、金利の基本的な考え方について解説しています。

普段はあまり意識していないと思いますが、銀行にお金を預けると言うことは、銀行にお金を貸していることなのです。

銀行への預金

銀行⇒個人(銀行から借金をする)

個人⇒銀行(銀行が個人から借金をする)

このような構図になります。

銀行と個人がお互いに貸し借りしているので少し多く返すのが当然です。

これを一般的に金利と言います。

一般の銀行が日本銀行から資金を借りる金利が「政策金利」!

では政策金利とは一体どういう物なのか?

銀行が資金を確保する手段として、個人からだけではなく、日本銀行から借りるという手段があります。

この日本銀行から借りたお金にも金利が付いており、この金利の事を「政策金利」と呼んでいるのです。

政策金利の仕組み

政府が策定した金利と考えると「政策金利」というネーミングもわかりやすいです。

日本銀行は政府管轄の銀行です。

主な事業内容は銀行に対してお金を貸すということです。

いわば銀行の銀行と言ってもいいでしょう。

政策金利が上昇すると、我々が銀行から借りる時の金利も上昇するということになります。

政策金利が下がると株価は上がる!その理由は?

リーマンショック以降、よく聞くのが「金融緩和」という言葉です。

金融緩和は各国の中央銀行が景気を刺激するために行う政策の一つです。

一般的には政策金利を引き下げる「利下げ」を行います。

金利を引き下げると株価にはどういった影響を与えるのでしょうか

一般的に金利を引き下げると株価は上昇します。

政策金利が上がると株価は下がる

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

それは、金利を引き下げると金融機関などの預貯金の“うまみ”が減ります。

ですから、多少のリスクを取っても株式などへ資金が流れるのです。

これはあくまでも一般的な金融緩和の話です。

リーマンショックの後からは「ゼロ金利政策」が取られている

リーマンショック以降を考えると、日米では事実上のゼロ金利政策を取っています。

ですから、これ以上の金利引き下げは行えないのです。(実際にはマイナス金利がありますが…)

ゼロ金利政策

これ以上金利の引き下げが出来ない場合、銀行が保有している国債や株式などを買って市場にお金を流通させる事になります。

そうすると、個人や企業への貸付を促したりする「量的緩和」などが行われるようになるのです。

これは、市場にお金を“ジャブジャブ”溢れさせる政策と考えてもいいでしょう。

この政策はリーマンショック以降多くの国々が行っています。

特にアメリカは度重なる金融緩和によって歴史的なドル安となりました。

それが自国の経済を支える要因になった一方で、日本での金融緩和は後手後手に回ってしまい、結果として極端な円高に苦しんできたのです。

政策金利に動きが有ると全体的に市場が動く!動きが速いのは銀行&不動産銘柄

基本的に政策金利に動きが有ると、ジャンルを問わず株式市場全体が大きく動きます。

特に銀行株や不動産株は、日本銀行による金融緩和などの金融政策のメリットを受けやすい株と言えます。

金融政策が打たれる or 打たれる期待のある局面では、銀行株に注目が集まり買われやすくなるからです。

通常では、株価の変動性は低い業種ではありますが、金融政策が打たれるような局面では国内の投資家も外国人投資家も買いに向かいやすくなります。

よって、大きく株価が上昇することもあるのです。

反対に、金融緩和縮小や金融危機が起こる局面では、その反動で大幅に下げやすい株もあるので注意が必要です。

政策金利は株価だけでは無く為替も動く!輸出入関連の業界にも注目を

政策金利は輸入業界にも影響が有る

様々な経済指標が為替レートに影響を与えます。

その中でも、特に注目されるのが「政策金利の発表」です。

為替レートは通貨ペアとなる2つの通貨の関係で決まります。

一般的に金利差が広がれば高金利の通貨の方に資本が移動することになります。

それは金利が高い国にお金を預けることで、高い利回りが期待できるから。

お金を預ける為にその国の通貨を買います。このように金利が短期的な資本移動を促す要因となるのです。

なので、輸出入をメインとしている業態だったり、車関係の銘柄も影響を受けやすい業界と言えるでしょう。

政策金利が株式市場に与える影響や狙うべき業界をまとめると…

政策金利が株価に与える影響

  • 一般の銀行が日本銀行から資金を借りる金利が「政策金利」
  • 政策金利が下がると株価は全体的に上がる
  • 早く影響を受ける業種は銀行&不動産
  • 政策金利が動くと為替も大きく影響される
  • 輸出入や車関係の企業の株価も影響を受けやすい

こういった様に、政策金利は株式投資を行う上で必ず押さえておきたい情報の一つです。

けれども、具体的にはどの株を注目して売買すれば良いのか?

それはその時々の背景によって変わってくるので、中々一般の投資家の方では初動を早く動けません。

では初動が早く、こういうタイミングで良い売買を行っている投資家は、どこで情報を仕入れて動けているのか?

基本的には、信頼できる情報をどれだけ仕入れているのかと言った所です。

けれども、高額な投資セミナー等ではありません。(詐欺的な業者が多いので注意してください)

基本的には、下記の様に無料で公開されている株式情報の中でも「信頼と実績が有る情報」を利益を出している人はみんな収集しています。

お金はかかりませんので、新鮮でこれから上がる銘柄についてはこういう物を参考にチェックされる事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)