PCFRとは何?簡単な計算式と銘柄を分析する重要なポイント!

PCFR

PCFRとは何?簡単な計算式と銘柄を分析する重要なポイント! 

【目次】

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

銘柄の判断を行う時には、良くPER(株価収益率)を参考にされる方が多いです。

けれども、そのPERよりもより一歩踏み込んだ参考すべき数値「株価キャッシュフロー倍率(PCFR)」と言う物が存在します。

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)の計算式や判断目安!

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は、株価を一株当たりのキャッシュフローで割った数値の事を指します。「Price Cash Flow Ratio」の略称です。

ちなみにキャッシュフローとは、簡単に言うと企業の自己資金を示す数値になります。

PCFRの簡単な計算式
PCFRの計算式

PCFRからの判断はPERと基本的には同じです

PER(株価収益率)が株価を一株当たりの利益で割った物で有るのに対して、PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は一株当たりのキャッシュフローで割るのでPERの変則版ともいえる指標になります。

なので判断するポイントは基本的にはPERと似ています。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

PCFRが高くついているのであれば株価は割高、PCFRが逆に低ければ割安な株価として判断する事ができます。

PCFRはPERとどう違うの?決定的に違うポイント

PERとPCFRの決定的に違う部分は、税引き後利益に減価償却費を加えたキャッシュフローでPCFRは計算されていると言う事です。

これはどういう事かと言うと、「企業の成長性」を判断する事が出来る数値として参考にできると考えられます。

何故そんな事が言えるのかと言うと、減価償却費を加えていると言う事は、この数値が大きいとその企業が設備投資を積極的に行っている事で、当然そうなると将来の成長が見込む事ができるのです。

PCFRとPERは併用する事でより精度の高い分析が行える!

ここで行って頂きたい銘柄分析のポイントとしては、PCFRとPERは併用して判断を行う事です。これにより精度の高い銘柄の分析が可能です。

例えば、有る企業が新し設備投資を行ったとしましょう。もちろん将来有望な部門への設備投資ならとても価値のある投資です。

PERでわからない所をPCFRは拾ってくれる

ですがこういった設備投資は利益を圧迫する物でもあるので、PER(株価収益率)だけを見ると「割高な銘柄」と判断されてしまうのです。

逆にPCFRだと、その投資額が反映されているのでそんなに割高な銘柄としては出てきません。「企業の成長見込み」も織り込まれているからです。

この様に、PERで読み取れない部分をPCFRは拾ってくれるので、両方併用して銘柄の分析を行われる事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)