株の初心者でも決算書をチェックするべき3つのポイント!

決算報告書

株の初心者でも決算書をチェックするべき3つのポイント!

~目次~

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

決算書はいわゆる対象銘柄の経営状況を一発で確認できる、株式投資を行うのであれば、重要なチェックすべき書類です。

けれども初心者の方では、決算書なんて中々チェックをする方法なんてわからなくて、難しい物ですよね。

ここでは、そうった初心者の方でも簡単に「決算書」をチェックするポイントを詳しくご紹介させて頂きます。

【初心者でも簡単にわかる】決算書は「財務三表」をチェック!

決算書をチェックする時に柱となるのは、「賃借対照表」、「損益計算書」、「キャッシュフロー計算書」の三種類です。これらは「財務三表」と呼ばれております。

「賃借対照表」は、企業の財務状況を表している表です。表には主に下記の様な事がわかります。

  • 対象企業が持っている財産である「資産」
  • 会社が返さないといけないお金である「負債」
  • 株主からの出資や利益などの「純資産」

賃借対照表に記載されている「資産」と「負債+総資産」である総資本は必ず同じ金額になります。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

損益計算書から利益の中身をチェック!

損益計算書は、対象の会社が年間で挙げた収益から経費等を差し引き、最終的にどの位の利益を残す事が出来たのかを確認できる物です。

単純に「利益」と言っても、本業で稼いだものなのか、サイドビジネスで稼いだ物かで見方は変わります。

損益計算書を読み解く事で、どこから儲けたり、どういった部分で損失を被ってしまっているのかも知る事が可能です。

キャッシュフロー計算書のから参考にすべき事

キャッシュフロー計算書は、一定期間でのキャッシュや預金の流入、流出を見る為の書類になります。

本業での収支を示した「営業活動」と株式や固定資産の取得、売却などからの収支がわかる「投資活動」。

これら2つの活動を支える為の資金調達を表した「財務活動」の3項目に分かれています。

損益計算書の利益の他に、キャッシュの収支についてもしっかり把握しましょう。

こういった様に、株の初心者の方でも決算書を確認して、対象銘柄をチェックして行きましょう。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)