カジノ法案が可決後にどういう銘柄が上がるか知ってますか?

カジノ法案

カジノ法案が可決後にどういう銘柄が上がるか知ってますか?

<目次>

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

カジノIR法案が通ったら株式市場全体は良い影響?

最近話題のカジノ法案。株式投資を行う方であれば、気になる方はとても多いと思います。

どういう銘柄がカジノIR法案が可決された時に影響が有るのか?株式市場全体にはどんな風に作用して行くのか?色々と思惑が有ると思います。

けれども、現時点(2016年12月7日)では衆議院で通過したものの、参議院では審議中と言う状況です。

と言うのも、もちろんカジノ法案は日本経済に対しては良い影響をもたらすかも知れませんが、ギャンブル依存症等を多発させてしまう可能性が有ったり、治安の悪化、暴力団やマフィア等のマネーロンダリングなどが危惧されるからです。

基本的には一部の銘柄を除き、法案が可決された場合には株式市場には良い影響を与えると考えられます。

どういった銘柄がカジノ法案が成立したら影響有るの?

カジノ法案と株価

では、どういった企業の銘柄が、カジノ法案が成立したら影響有るのでしょうか?

皆さんが良く想像される分野としては、アミューズメント施設関連や、紙幣処理機械などの周辺設備機器、遊技機製造メーカー等が挙げられます。

株式投資に興味がある皆さんであれば、こういう銘柄はすでにもうチェック済みでしょう。

こちらでは、それら以外の銘柄で株価が上下しそうな企業の特徴をまとめてご紹介致します。

1.旅行関連会社

旅行代理店

今回のカジノ法案の可決を予測して、旅行会社等はカジノ施設の誘致を企画したりしています。

例えばHIS(9603)等は外国人旅行客にも人気のハウステンボスへのカジノ出店誘致を進めていたり、大阪にも大型カジノ施設を設置した方が良い事を発言しています。

また、当然現時点でも海外からの観光の人気が高い日本です。カジノ法案が可決された場合には、今まで日本に来なかった層も日本へと観光に来る事になります。

こうなると、当然旅行代理店などの企業の売り上げも伸びていく事が想定されるでしょう。

従って、旅行代理店等は今回の法案が可決された場合には株価が成長される事が期待されます。

2.パチンコ業界

パチンコ業界

今回のカジノ騒動で最もやきもきしている業界の方が「パチンコ業界」かも知れません。

基本的にパチンコはギャンブルではなく景品を対価として与えているので、現金を用いた賭け事では無い様に見せています。

けれども、みなさんご存じのとおり事実としては景品交換所で換金できるので、立派なギャンブルです。

このグレーなスタイルでギャンブルを行っているパチンコ店も、合法施設としてカジノが設置されてしまったら当然お客もそちらに流れてしまう可能性が高いので、パチンコ系企業の売り上げは落ちる可能性が有ります。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

従って、基本的にパチンコ店を運営している様な企業であればマイナスに考えた方が良いかも知れません。

当然カジノを推進したい政府としては、パチンコ店は目の上のたんこぶなので、遊技機の規制も強化される可能性も高いでしょう。

けれども、例外として業界大手等はカジノ誘致に積極的に動いている所も有りますので、株価に良い影響を与える可能性も有ります。

また、その他にもパチンコ機器を製造しているメーカー等はもちろんカジノ機器の製造に関わる可能性があるので、パチンコ店運営企業とは別に考えましょう。

3.液晶関連企業

パチンコ液晶関連企業

現在の日本のパチンコを見てもわかる様に、日本にカジノが出来るとしたら液晶が付いたカジノマシンが導入される事は必須だと思います。

日本人はゲームやアニメが好きな部分もあるので、こういった映像を液晶を用いて流す様なスロットなどが増えるのではないでしょうか。

なので液晶部分は不可欠であり、パチンコ関連の液晶メーカー「ビスティ(旧DAIDO」を傘下に抱える「SANKYO(6417)」等はパチンコ機器メーカーと言う事も有り、株価は大きな影響が有ると思われます。

4.警備関連会社

警備会社

政府が最も危惧していて、ナーバスになりがちなのが「カジノが出来たことにより治安が悪化する事」です。

なので警察などの巡回強化はもちろんですが、カジノを運営する企業に対しての警備を徹底する様に呼びかける事は必至です。

そうなってくると需要が伸びるのが「警備会社」です。例えばセコム(9735)やALSOK(2331)等が具体例として挙げられます。

また、セキュリティ関連設備メーカーなども注目すべきポイントですね。

5.ホテル業界

ホテル関連企業

こういったカジノを含む統合型リゾート(IR)が許される様になれば、当然必要となってくるのはカジノに来る人を受け入れるホテルです。

例に出すと、先にカジノが解禁された同じアジアのマカオなどでは、ホテルやレストラン産業が爆発的に成長を遂げました。

なので、帝国ホテル(9708・2部)、ロイヤルホテル(9713・2部)、京都ホテル(9723・2部)等の銘柄が注目されると思いますので要チェックです。

まだこれからでも間に合う!最新の上がる銘柄情報の仕入れ方

上がる銘柄情報

前述したような銘柄が、カジノ関連で注目したい企業や銘柄の特徴になります。

けれども、実際にはまだまだ実は株価に大きな影響を与える様な企業も沢山存在しています。

そういった情報は、普通はネットやニュースで出回らない為に、一般の投資家には知ることが出来ず、一部の情報を知っている投資家だけが先行者利益を得る事が出来るのです。

ではどういった様に投資家達は情報を仕入れているのか?それは簡単で、有益な情報源を確保できているからです。

当サイトでは期間限定で最新の銘柄情報を仕入れられる、無料のメルマガリスト3つを下記よりご紹介しています。

多くの方がこれを知ってしまうと先行者利益も難しいので、期間経過後は削除致します

なので今のうちに、無料の有益な上がる銘柄情報を仕入れて下さいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)