外食産業でおすすめな株銘柄や優待制度&3つの投資初心者が損失を出さない為の注意点!

外食産業のおすすめ銘柄

外食産業でおすすめな株銘柄や優待制度&3つの損失を出さない注意点!

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く大化け銘柄を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。これから上がる株を知りたい時に参考になる無料情報を3つだけ公開しています。

これから上がる株を知れる!「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

飲食関係の株式銘柄はおすすめなの?実際の市場の動きと過去の事例

外食産業の市場規模は、年間で4兆円を超えており多くの投資家が注目しているのが飲食業界です。

これが大きいのか大きくないのかは、明確に判断はできないのですが、長く低迷しているという外食産業のイメージとは違い、平成17年から平成25年の調査結果では、右肩上がりの成長となっているのです。

右肩上がりの飲食業界

だからこそ、飲食業界の銘柄は今おすすめと言われています。

しかし、外食産業はある程度の売り上げを叩き出してしまうと、そこから伸び悩んでしまって、そこから上の壁を打破できず、もがきながら衰退していきます。

そして、それに変わる新興の外食産業が売り上げを伸ばしていくのです。

外食産業の株はリスクが高い?景気に左右されやすい業界

それでも、いつの頃からか、外食産業200億円限界説、というのが通説となってきました。

ここまで、順調に伸びても後が続かないというのです。既存店の売り上げが落ち始め、立て直しが必要になってその対応に追われていると、他の店もいつのまにか勢いを失ってしまうのです。

外食産業の銘柄にはリスクも有る

なので外食産業は負のイメージがつきまといます。

コンビニのイートインに押されることもありますし、24時間営業を続けてきたファミレスなどが営業時間の見直しを進めているのも、周知の通りでしょう。

景気動向に左右される外食産業は、リスクの大きい投資対象かもしれません。

そのような中で、今注目すべき現在好調な外食産業の銘柄を調べてみました。

どの飲食関係の株式銘柄に注目すべき?2016年に上場した「コメダ珈琲」は要チェック!

2016年に東証に上場した外食産業は、株式会社コメダホールディングス【3543】等が目立っています。

注目したい銘柄「コメダ珈琲」

なのでコメダ珈琲を筆頭に、外食産業は斜陽産業というわけではなく、全体の業績はリーマンショック前まで持ち直しているのです。

回復が遅い外食産業で、他にもいろいろな負の要因がある中で、実は堅調に伸びている業界でもあるのです。

上場するメリットとしてあげられるのは、信用の向上による資金調達のしやすさです。

そのため、コメダ珈琲店はさらなる出店計画を発表していますし、これからさらに伸びる外食産業の筆頭と見てもいいでしょう。

飲食業界は「株主優待」が魅力的!主要銘柄の優待をまとめると…

外食産業の株主優待券

有名なのが、日本マクドナルドの優待券です。年2回ほど、ハンバーガー・サイドメニュー・ドリンクなどの引換券がもらえます。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

吉野家ホールディングスでは、300円サービス券3,000円相当~(×年2回)の優待券を出しています。

これは、吉野家の店舗だけではなく、はなまるうどん、京樽などの店舗でも使えるものです。

また、吉野家牛丼の具とも引き換え可能なので、自宅でも吉野家気分に浸ることができます。

その他に注目したいのが、外食産業の一番手となっているゼンショーの優待券です。

これは、1,000円分~優待券(×年2回)です。

牛丼は『すき家派』という人はこちらですね。

ゼンショーの優待は、すき家以外にココス・なか卯などの店舗で利用できます。300株以上保有していれば、吉野家同様に「すき家牛丼の具」とも交換できます。

外食産業の株主優待でおすすめなのはどこ?

コロワイドの株主優待

では実際にどの会社が外食産業の中で株主優待がおすすめなのでしょうか?

知っておきたいのが太っ腹な株主優待で評判の「コロワイド」です。

株主優待ポイント10,000円相当~(×年4回)ということですから、すごいです。

酒屋甘太郎・かっぱ寿司など様々なお店で使える優待ポイントが1回に1万円分、年4回ももらえるのです。

優待取得に必要な金額は高いですが、年4回もポイントがもらえるので満足度は大きいでしょう。

こちらも全国の様々な特産品と交換できますので、利便性は◎といったところです。

株主優待だけで外食株を持つのは危険!その理由&投資前に知りたい注意点

しかし外食産業というのは、いつも好調とは限りません。

特に事故があると、風評被害などで一気に客足が遠のきます。

飲食銘柄を選ぶリスク

株主優待だけで、外食産業の銘柄を持つのはリスクが伴います。

普段使いであれば、いいのですが、無理に使う場面が多いのでしたら、持っている以上にストレスが溜まるものです。

また、権利確定日だけ保有して、すぐに売るという優待券のみのための株式売買をする人もいますが、これもリスクが伴うことを知っておきましょう。

外食関連銘柄で株式投資を行う際のポイントをまとめると…

外食関連の株を扱うポイント

  • 外食産業は景気に左右されやすい業界
  • 2016年に上場した「コメダ珈琲」は要チェック
  • 飲食業界は「株主優待」が魅力的
  • 株主優待が太っ腹なのは「コロワイド」
  • 株主優待だけで外食株を持つのは危険

こういった様に、外食産業の銘柄はなじみが深く、株主優待等のメリットも有るので投資初心者の方でも売買しやすい銘柄です。

しかしいくら株主優待が魅力的と言えども、結果的に株価が下落してしまってはマイナスでしかありません。

下記では、投資初心者の方でも「どの銘柄を買えば良いのか」を教えてくれる3つの無料情報を公開しています。

利益を出している投資家達が参考にしている無料情報なので、しっかりチェックしておく事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)