ホテル業界の株を狙う!6つの知っておきたい狙い目銘柄と投資ポイント!【最新版】

ホテル業界と株価

ホテル業界の株が狙い目!6つの知っておきたい狙い目銘柄と投資ポイント

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く大化け銘柄を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。これから上がる株を知りたい時に参考になる無料情報を3つだけ公開しています。

これから上がる株を知れる!「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

インバウンド需要によりホテル関係の銘柄が「安定している」と人気な理由

ホテル業界の未来は明るいと言われており、ホテルは安定度の高い業界として多くの投資家が目を付けています。

その根拠となるのは訪日外国人数の増加です。2016年度は過去最高の2400万人の訪日外国人数となり「インバウンド需要」が増加している状況です。

外国人観光客のインバウンド需要

これは前年比22%増ということです。

政府は2020年の東京オリンピックの年に4000万人の訪日外国人を見込んでいます。日本の人口はすでに減少に向かっていますから、もはや内需は見込めません。

内需に頼っているホテルはこれから衰退に向かうでしょう。逆にインバウンド需要に対応していくホテルの銘柄はこれから伸びると言われており多くの投資家が注目しています。

ホテルが建設ラッシュになっているけれども業界の株価はまだまだ伸びると言われる理由

まだ伸びるホテル業界

都市部を見てみると、現在はホテルが建設ラッシュです。すると供給過多になってホテルが苦しい顧客争奪戦になって消耗してしまうのではないか?

そういう声もちらほら上がってきています。

さらに、これからは外資系ホテルの日本進出が始まります。

それを考えると既存のホテルは脅威と考えがちですが、それ以上に訪日外国人数の数は増加していきますので、常に宿泊施設不足が続くことが予想されています。

世界的に見ても東京や大阪、さらには他の都市にしても外国人比率はまだまだ低いとされています。

もっと、外国人を呼べる環境を作るのが肝心ですし、設備投資が間に合わないくらいの外国人の訪日ラッシュが始まっています。

これからは、訪日外国人に対する対応次第で勝ち組、負け組のホテルの色分けが鮮明になるでしょう。

どういうホテル関係の銘柄が伸びるのか?狙い目銘柄一覧

おすすめホテル銘柄一覧

では今後、どういったホテル関連の銘柄が伸びると言われているのか?

業界全体が伸びているので一概には言えませんが、下記の様な銘柄が代表的です。

リゾートトラスト(4681)

全国にホテルやゴルフ場を保有している大手ホテルチェーンです。

外国人客が来日して宿泊するホテルはもちろん、ゴルフなどの娯楽施設も運営しています。

日本ビューホテル(6097)

観光主要都市にシティホテル、リゾートホテルを配置しているホテルグループです。

宿泊価格がお手頃な所が多いことから、外国人観光客にも人気です。

帝国ホテル(9708)

言わずと知れた、一流の老舗ホテルです。

東京や大阪、長野にホテルを持ち、日本を楽しみたい富裕層の外国人顧客から支持されています。

ロイヤルホテル(9713)

リーガロイヤルホテルをはじめ、地域によってシティホテルと高級ホテルをすみ分けて運営しています。

サービス品質も高く、日本人顧客にも根強い人気のホテルです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

三菱地所(8802) 

海外からの旅行客に古くから支持されてきたのが、三菱地所の「ロイヤルパークホテル」です。

また、ゴルフ場なども運営しているので、観光系の収益はいくつも柱があります。

ホテル関連株はどういうものが狙い目なの?おすすめなのは「建設や娯楽系」の銘柄!

ホテル関連の銘柄

ホテルを運営している企業では無く、「関連銘柄」を狙っていきたい!

そういう方はホテルを建てる「建設系の銘柄」や、ゴルフ場を擁する「娯楽関係の銘柄」を狙うのがおすすめです。

代表的なものとしては、下記の様な銘柄があります。

鹿島建設(1812)

大手の建設会社の中でも。安心して寛げて、安全性も高いホテルの建設に力を入れている企業です。

アコーディア・ゴルフ(2131)

言わずと知れたゴルフ場&練習場を運営している大手企業です。

オリンピックに注目したい狙い目銘柄はどんな所が有るの?都内にホテルを多く持つ会社に注目!

オリンピックで伸びるホテル

オリンピックでは多くの外国人が訪日しますので、当然のことながらホテルを利用するようになります。

そのときに、まず動くのは海外の方に昔から知名度が高かったホテルです。

特にロイヤルパークホテルや帝国ホテルなどは知名度抜群ですから、2020年のオリンピックの年には大いに注目したい銘柄となるでしょう。

また、都内周辺にホテルを持っているグループは軒並み良い反応を示すと思われます。

オリンピックの後ホテル業界は落ち込むんじゃないの?旅館が減っている分将来的な需要も安定して伸びる

ホテルの将来的な需要

ホテルの現在の動向と市況としては、宿泊施設の数は減少傾向にあるとされています。これは旅館が減っているからです。

その代わりホテルの数は増えていますし、政府の方針としては民泊を活用しようという指針もあります。

ホテル業に関してはこれから、人手不足と投資拡大という相反する対策を取っていかなくてはいけません。

大手ホテルを中心に好業績が見込まれますから、投資対象としては良い銘柄が多いでしょう。

現在の市況は増減を繰り返しながら堅調に推移していくものと思われます。

これからのホテル業界の動向と問題点

ホテル業界の問題点

宿泊施設全般で見た場合は旅館数の減少で全体的にも減少傾向にあるのが懸念されています。

これからの需要に応えることができなければ、大きなビジネスチャンスを失いかねないのです。

そのような中で外資系ホテルの進出が多く取りざたされているのは投資家にとっても好印象となっています。

日本のホテル業界も規模を大きくしてこれからの外国人ラッシュに備えたいところです。

強いて不安材料を挙げるとしたら、人手不足ということでしょう。それも賃金アップでまかなうこととなると、宿泊費に反映されかねません。

そのあたりの問題をどうクリアしていくかが当面の課題と言えるのです。

株式投資でホテル業界を狙う際のポイントや考え方をまとめると…

ホテルに株式投資するポイント

  • ホテル関係の銘柄が人気なのは「インバウンド需要」が高いから!
  • やはり海外で知名度が高かったり特色のあるホテルが伸びる
  • 関連銘柄で代表的なのは「建設系」と「娯楽系」
  • オリンピック後でも旅館が減っているから需要は安定する

結局の所、こういったホテル関係で目立つ銘柄は多くの投資家によって注目され、今から仕込んでも良い利益は取れない事がほとんどです。

ではこれから急騰が期待できるおすすめ銘柄はどうやって仕入れたら良いのか?

いち早く動ける投資家は、例外無く「独自の情報源」を持っているもの。

下記にはそういった、多くの投資家が仕入れている無料の投資情報後悔先3つを公開しています。

投資セミナーなどで多くのお金を使わずに、こういった信頼できる情報を無料で仕入れて投資資金に回す事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)