アニメ関連株がこれから伸びる理由&5つの注目すべき銘柄や注意点【2017最新版】

アニメ業界の関連株

アニメ関連株がこれから伸びる理由&5つの注目すべき銘柄

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く大化け銘柄を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。これから上がる株を知りたい時に参考になる無料情報を3つだけ公開しています。

これから上がる株を知れる!「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

アニメ関連の銘柄はクールジャパンに選ばれるだけあってでこれから期待できる

今最も注目すべき業界として、アニメ業界が真っ先に挙げられます。

昨年08月26日から公開された新海誠監督の6作目の作品「君の名は」の大ヒットは物凄い勢いで、「君の名は効果」で配給元である東宝は大きく株価をあげたことも記憶に新しいところです。

アニメの注目株「東映」

そして直近では東京テアトルが「この世界の片隅に」というアニメ映画が大ヒットしました。

そうなると東京テアトルの株価も急騰したのは言うまでもありません。

海外でも人気となって、アニメはクールジャパンの一角となり、国も後押しする成長分野となっているのです。

実際にどういうアニメ関連銘柄を注目すれば良い?銘柄一覧

アニメ関連銘柄は、大ヒットしたアニメによって株価を上げる銘柄などアニメに関連する銘柄のことです。

例えば「君の名は」関連だと東宝が関連銘柄です。

また「この世界の片隅に」では配給会社である東京テアトルになります。

このように、アニメのヒットによって恩恵を受ける銘柄をアニメ関連銘柄と呼んでいるのです。

中でも代表的なアニメ関連銘柄一覧は以下の通りです。

  • 9602 東宝(君の名は)など
  • 9633 東京テアトル(この世界の片隅に)
  • 3791 IGポート(進撃の巨人)など
  • 4816 東映アニメーション(ドラゴンボール)など
  • 2121 ミクシィ(モンスターストライク THE MOVIE~はじまりの場所へ~)

現状のアニメ業界の株価は右肩上がり!これからも成長が望める業界です

日本の重要な輸出品としての地位を固めつつあるのが「オタク文化」です。

政府観光局が外国人向けのパンフレットとして作成している「JAPAN ANIME MAP」を見ても、コスプレが推奨されていたり、秋葉原が「聖地」として紹介されています。

アニメの聖地「秋葉原」

このように世界的にもアニメ業界は注目されており、株価にもそれは顕著に表れています。

例えば東映アニメーションの株価は、今年初めに5000円台だったものが今年の10月には約2倍の10000円を超えました。

これから佳境に入っていく、東京オリンピック・パラリンピックを控えてますますアニメ業界は注目されて株価も上がる事が想定されます。

「オタク関連銘柄」の動きから目を離す訳にはいかないと言ったところですね。

アニメ関連の株銘柄を投資する時に気を付けたい事や注意点!

現状のアニメの市場規模は、他産業と比べて極端に小さいマーケットである事を認識しておく必要があります。

アニメ大国とは言っても、アニメ自体の受け皿が小さいのです。

それに加えて、 会社の売上規模も減少傾向にあるので、株価が長期間安値で推移する傾向があるのです。

もっとも、長期的視野では、アニメ産業そのもの市場は拡大傾向にあります。

少子化市場からの脱却、 ネット関連へのサービス拡大、国際展開の強化、 更には国策としての市場強化対策もあります。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

長期的に考えても、かなりの有望株であるのは間違いありません。

国内だけでは無く海外でもニーズが高まっているアニメ業界は安定な新興市場銘柄!

クールジャパンの一角「アニメ業界」

ちなみに東映アニメの現在の国内・海外の売上比率は、国内が約80%で海外が約20%となっています。

株価の下向トレンドの中でも、2500円より↓の底値ラインにはリピーターの買いが入っているので底堅いのがアニメ関連の株銘柄の特徴と言ってもいいでしょう。

浮動株の割合が少なく、普段は出来高が乏しい銘柄に見えます。

それでも、何か材料が出ると株価は大きく動く、まさに安定企業の新興市場銘柄と言えるのです。

アニメの株銘柄にはこんな株主優待制度が有る!

アニメ関連の株主優待

また、あなたやお子さんがアニメをお好きなのであれば、うれしい株主優待も魅力の一つ。

映画や演劇の招待券など、様々な株主優待制度が用意されています。

また、ニーズが高い業界ですから株主優待券などを解体と言う人も多くおり、株価での利益に加えて株主優待券での利益を上げる事も可能です。

下記にはそういった、アニメ業界で主な株主優待制度についてご紹介致します。

東宝の株主優待は1000株で半年に一回映画が無料になる!

知る人ぞ知る、映画の配給会社です。

「君の名は。」を配給している他、フジテレビのアニメ枠「ノイタミナ」の製作委員会に名を連ねるなどアニメ作品への出資に積極的な企業の一つです。

株主優待は100株以上で半年に1回、800円で映画が鑑賞可能な株主優待券が2枚となっています。

1000株以上であれば映画が無料で鑑賞可能な株主招待券が1枚届きます。

所有株数に応じて、枚数が増える・演劇鑑賞券が追加されるなど優待内容が増えていくのです。

松竹の株主優待もお得に映画が楽しめる!

こちらも東宝に並ぶ、映画の配給会社です。

熱狂的なファンを持つ「京都アニメーション」の劇場版作品(聲の形・けいおん!など)を配給する他、「ラブライブ!」の劇場版も配給していました。

株主優待は1000株以上で半年ごとに、優待ポイントが80ポイント貰えます。

10ポイント消費することで映画を1回鑑賞することが可能です。

アニメ関連の株式銘柄が伸びる銘柄や注目すべきポイントをまとめると…

アニメの関連銘柄が伸びる理由

  • アニメ業界はクールジャパンに選ばれる程国も注目する業界
  • 株価は右肩上がりでこれからも成長が望める業界
  • まだまだマーケットが小さいのが不安要素
  • 海外でもニーズが高まっていおり安定な新興市場銘柄
  • 株主優待制度は映画や演劇が見れる!

こういった様に、アニメ関連の銘柄はこれからも伸びる事が想定される業界です。

しかし有名な銘柄はもうすでに多くの投資家が目を付けており、これから買いを入れても遅く天井での買いになってしまう事も。

だからこそ、これから上がる事が想定されるアニメ関連株に目を付ける事がとても重要です。

けれどもそういうまだ誰も目を付けてない様な銘柄を探すのは、中々の至難な業です。

稼いでいる投資家はどうやって良い銘柄を見つけているのか?それは新鮮な銘柄情報をいくつか仕入れているから。

下記のバナーをクリック頂くと、投資家達が仕入れている無料の銘柄情報元3つを掲載しています。

こういった物を参考に、これから注目すべき銘柄の情報を仕入れてくださいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)